小宮璃央が歌う『ひらめキーング!かがやキーング!』がキラキラップしてる! (キャラソンその1)

©2020テレビ朝日・東映AG・東映
2020/09/28

小宮璃央が歌う『ひらめキーング!かがやキーング!』がキラキラップしてる! (キャラソンその1)

ただ今大好評放送中の『魔進戦隊キラメイジャー』では、エンディングにて『キラメイ音楽祭』を開催中。毎回違う曲をお届けしている。
9月27日放送の第25話では、小宮璃央(こみや・りお)クン演じる熱田充瑠/キ ラメイレッドの歌うキャラソン『ひらめキーング! かがやキーング!』が披露された。

そのレコーディングは、まだまだ暑さの残る快晴の日、スーパー戦隊シリーズ御用達のスタジオで行われた。


少々早めにスタジオ入りした璃央クンは、ヨーグルトを口にしながら自らの楽曲を再チェック。
準備万端の表情になると、ブースへ入りマイク前に立った。

スタジオには、穴井ディレクターの他に作詩・作曲の岩崎貴文さんも顔を揃えている。

マイクテストを兼ねて一度通して歌ってみると、穴井Dとエンジニアが口を揃えて『いーんじゃない!』と。

本番に入る前には、改めて穴井Dから『より口角を上げるイメージで!
もう一度ブルーハーツを思い出してね』とアドバイスがあった。
(※ブルーハーツの件は後述)

ヘッドホンを両手で押さえて片足でリズムを取る璃央クンに、だんだんコントロールルームのアドバイスも細かくなってくる。

『<キラメンタル>が引っ込んで聴こえる』
『何でだろう』
『一番<キラメンタル>をもってるはずなのに(笑)』
『<イラメンタル>に『K』を付ける感じかな』
と・・・一同の間で『無声音と有声音』の話題が広がる。
何だかみんな楽しそう。

上手くメインパートを終えると、今度はラップだ。

楽しそうに歌う璃央クンの歌声に、穴井Dは『何かカワイイよね』と満足気である。普段は厳しいエンジニアも『カワイイよね』と口元が緩んでいる。

こうして無事に収録は終了。
ロビーでお話を聞いた。





―――たった今このスタジオで収録が終わりましたが、終わった率直な感想はいかがですか?





「(人前で)歌を歌うことがあまりないんです。それにプラスしてこの曲が全世界にも配信されるということで、もの凄く緊張しました。
終わってホッとしています。」






―――ご自分の歌が『CD』になることについてはいかがですか?






「もともと僕はアーティスト活動もしているのですが、YouTubeに出したりするくらいしかありません。
CDになるのは初めてなので、とても嬉しいです。」






―――スタジオレコーディングはいかがですか?





「初めてではないので、そこは緊張も特にありませんでした。
キラメイジャーのアフレコなどで、ヘッドホンも良く付けているので、空気感に飲まれることも無く出来ました。」






―――この曲は、作詩・作曲が魔法戦隊マジレンジャーOP主題歌歌唱の岩崎貴文さんですが、初めて聴いた時の印象はいかがでしたか?






「『キラメイレッド』っぽいなと思いました。キラメイレッドや魔進たちのこともあり、もちろん充瑠のこともあり、ホントに熱田充瑠のための曲だと歌っていて実感しましたね。」






―――今日はその岩崎さん同席でのレコーディングでしたが、いかがでしたか?






「仮歌で岩崎さんの声を聴いていたのですが、イイ声過ぎて!ホントに。
『(※マジレンジャーを歌った)レジェンドが、僕のために曲を作って下さったんだ!』とありがたい反面、『僕でいいのかな?』って。
もちろん作詩・作曲の岩崎さんの前で歌うのは緊張しますよね。
でも直接褒めて下さることもあったので、嬉しかったし安心出来ました。






―――この曲で心に残った歌詩やフレーズはどこですか?






「そうですね・・・
(1番の)『傷ついてもめげない
好きな事でLet'Go!』とか。

充瑠のポジティブで、何事にも挑戦して行く面や、相手の個性を認めて行くスタ イルを表していて・・・難しいな(苦笑)

ま、『傷ついてもめげない好きな事でLet'Go』という歌詩が、僕はとても好きなんです!
ここには特に力を入れて歌いました。」





―――今回、穴井ディレクターからは『THE BLUE HEARTS(ブルーハーツ)のようなイメージを持って!』とアドバイスがありましたが。





「曲を録る前に『リンダ リンダ』を聴き、あの曲のテンションをイメージして歌っていました(笑)」







―――この曲で難しいと感じたところはありますか?






「やはりラップのところですかね。
自分自身ではラップの曲は好きなのですが、歌うことはあまり無かったんです。
そこは一番苦労したというか、大変だったところです。」








―――でも楽しそうでしたよ。







「楽しかったです!(笑顔)
スゴい楽しかったです‼︎

ラップはスゴく好きで良く聴いているので。
今回も『ラップが歌えるっ!』て。
(さらに笑顔)
テンション上がりました!」








―――この曲はそのうちカラオケに入るかと思います。





「イーッ!マジですか!?
それは行くしかないですね。
キラメイジャーのみんなで!」






―――ファンの方が歌う時の『小宮さんワンポイントアドバイス』はどうなりますか?






「イヤイヤイヤ、僕がアドバイスだなんて!

・・・これはもうテンション上げて、ブルーハーツのように!(笑)
ホントにテンションを上げて歌うことですね。」






―――さらには、ライブで歌うことへのオファーもあるかもしれません。






「あー、そうですね。
やるってなったら、やるしかありません。
『頑張ります!』と言うしかありませんね(照)

ホントにライブでやるなら、何万人規模になるかも?と思います。
・・・頑張るしかないですね」





―――今回のキャラソンは、他のメンバーの曲はお聴きになりましたか?





「なりました!
なりました、なりました(笑)

みんな個性があって、それぞれの良さがありました。
もちろん自分の曲がカッコいいのはありますが、どれも良いですね。」






―――小宮さんご自身は、カラオケには良く行かれますか?






「そうですね・・・あまり行くタイプではありません。」





―――もし行った時は、どんな曲をセレクトしますか?





「清水翔太さんとか!(即答)
清水翔太さんの歌を、僕は良く歌います。
『milk tea(ミルクティー)』だったり『ナツノオワリ』だったり。
バラード系が多いです・・・清水翔太さんしか聴いていません。」






―――この歌の評判によっては、またスーパー戦隊ソングのオファーがあるかもしれません。
その時はどんな曲を歌ってみたいですか?






「今回の歌とは全く違うイメージのものに挑戦してみたいですね。
この曲のように元気あるものも良いのですが、イメージをガラッと変える(バ ラードのような)ものもアリですね。」






元気に前向きな姿勢で楽しそうに歌う璃央クンは、その姿そのものが『熱田充 瑠』であるようで、とてもキラキラ輝いて見えた。
いつか璃央クンの、スーパー戦隊バラードソングが聴けるといいね。



『ひらめキーング! かがやキーング!』
作詩・作曲・編曲/岩崎貴文
歌/熱田充瑠(小宮璃央)

この曲は『魔進戦隊キラメイジャー キャラクターソングアルバム』(品番COCX- 41353)に収録で、
日本コロムビアから12月23日発売!

シェア