尾碕真花のファースト写真集発売でイベントが開催された!

2020/04/06

尾碕真花のファースト写真集発売でイベントが開催された!

大好評の内に放送を終えた『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で、紅一点の女性戦士・リュウソウピンク/アスナを演じていたのが、尾碕真花(おさき・いちか)ちゃんだ。
その真花ちゃんの素顔の魅力が満載となった彼女自身初の写真集となる『いちか』(小学館)が発売され、イベントが都内書店で昨年末12/8(日)に開催された。

当日は多くのファンが列をなす中、イベントに先駆けてプレス向けのコメントタイムがあり、THNも早速出かけて来た。
遅ればせながらも、その様子を紹介しよう・・・遅くなってゴメン。






―――初めての写真集が出来上がってのご感想はいかがですか?






「本当に私のワガママを最大限に叶えてもらった写真集となりました。
すごく嬉しく思います♪」





―――ワガママとはどういうところですか?





「台湾に写真集を撮りに行く前から、打ち合わせをさせて頂きました。
表紙の質感から写真集のサイズなど、細かいところまで私の要望を叶えて頂いたんです。
中のレイアウトなども『こういう風にしたいんです』とのお願いを聞いて下さっています。」





―――特にお気に入りはどこですか?





「お気に入りだと・・・
大胆な(水着で)見開き2ページになっているところです。
(実は)仮で写真集を作っている段階ではまだ入っていなかったんです。
でも『大胆な感じがいいなぁ』と思えて来て・・・

華やかな衣装とこのポーズと、背景に木が立っている感じなどの色々な条件がマッチしてスゴく良く思えました。
『ぜひこの一枚を入れて下さい!』と言ったら大きく載せて頂きました(キラキラ笑顔)」






―――撮影は思い出の地である台湾とのことですが、いつ頃行かれたんですか?





「9月上旬に行かせて頂きました。
一昨年(※昨年の時点で)に家族旅行で行った所なんです。
それがとても楽しくて・・・『もう一度行きたい!』と思っている所に、この写真集で再び行くことが出来ました。
旅行では海外に行ったことはあるのですが、お仕事での海外は初めてなんです。
(それが)大好きな思い出のある台湾で、とても良かったと思います。」






―――ご自分から台湾を希望されたのですか?






「『海外に行けたら嬉しいですね』とは言っていました。
でも『(騎士竜戦隊)リュウソウジャー』の撮影があるのでスケジュールが厳しいから、都内?行けても沖縄県?なんてことだったんです。
それが台湾に!
行けて良かったです(再びキラキラ笑顔)」






―――するとやはりスケジュールはタイトだったのではありませんか?






「そうですね。
二泊三日でしたので、写真集の撮影にしてはタイトだったと思います(苦笑)
でも有難いことに天候に恵まれて、二泊三日なのに逆に余裕が出来るくらいでした。
撮影と言うよりかは、(スタッフの)皆さんと旅行している気分でしたね ♪
そこ辺りの表情も良く写っているかと思います。」






―――台湾はどういう所に魅力を感じますか?






「食べ物が美味しい所です!(即答)
中華がとても好きなのですが、小籠包なども日本で食べるよりは、やはりとても美味しいんです。
あとタピオカにハマっているんですけど・・・そのタピオカが日本よりもリーズナブルに本場で買えるところも良いですね(ムッチャ笑顔)」





―――写真集では水着もありましたから、ボディーラインを保つための食事制限なども大変だったのではないですか?






「そのあたりは(台湾に行く前から)結構していました。

前々からマネージャーさんと『写真集とかを出せたらいいね』なんて話はしていたんです。
だから半年近く前からは何となくジムに通うようにしていました。
私は努力をすることが苦手なタイプなんですね。
1~2ヶ月とかなどで急に絞るよりかは、ユックリ半年くらいかけようと思ったんです。
でも写真集が決まってからは、頻繁にジムに通ったり食事制限をして、最終的にボディーラインや顔痩せを調整しました。
・・・気づいたら3キロ落ちてました(笑)」





―――台湾で美味しいモノを食べてリバウンドとかは大丈夫でしたか?





「(そこは)水着とかランジェリーの撮影の前後は、あまり食べないようにしていました。
でも有難いことに、それらは(スケジュールの)最初の方だったんです。
中盤からは(普通の)衣装の撮影となり、あまりボディーラインが分からなくなるようになったので、そこではものスゴい量を食べました(笑)」






―――ランジェリーなどは撮影で恥ずかしくはありませんでしたか?





「あ~(※天を見て)
グラビアのような撮影は初めてだったんです。衣装合わせでもドキドキしてました。『大丈夫かな?』と思いました。

でも最初の(撮影)カットが水着だったんですね。それがとても楽しかったんです。
これからもグラビアのお仕事をするのはイヤでは無いなと思いました。
もちろんグラビアメインではありませんよ。」





―――今年は『リュウソウジャー』で忙しかったと思いますが、振り返っていかがですか?
そして来年の目標は?
(※いずれも昨年の時点で)






「2019年は『リュウソウジャー』と言うお仕事を頂いて、ホント毎日毎日撮影をしていました。
芝居漬けの一年でしたね。

私はお芝居をすることが好きで(今も)女優を目指しているんです。
この一年で、お芝居をすることがより好きになりました。
『私はお芝居が好きなんだ!』と再確認できた一年でもあります。

2019年はアスナとして良いスタートを切らせて頂いたので、来年(2020年)は失速せずこのままお仕事をを続けて行けるように、経験を積んで行く年にしたいと思います。」





―――やりたい役とかはありますか?





「高校生でいる間に、制服を着る『青春モノ』をしてみたいです。
あまりそういったことを、して来ていないんですね。

できれば十代の内に、そういう青春を思い出すような制服を着る役をしてみたいです。
『リュウソウジャー』では、どちらかと言うと非日常のファンタジーのお芝居をしています。
これが終わったら、日常の普通の役をやってみたいですね。」




―――来年は十代最後の年になりますが、プライベートでやっておきたい事は何ですか?
(※昨年の時点で)




「・・・十代でって難しいですよね。ハタチになったら(の希望は)色々あるんでしょうけど。

十代の内には・・・まだ決めてないんですよ。
ハタチになった時に『十代は楽しかったな』と思えるような過ごし方をしたいで す。悔いのないように。」





―――今年やり残したことはあったりしますか?





「カレンダー発売イベントの時に『コスプレをしたいです』と言いましたけど・・・結局、渋谷のハロウィンには行けなかったんです。
だからコスプレをしたいなぁと思うのですが・・・
やり残した事はコスプレをしていない事ですね。」




―――それはどんなコスプレですか?






「前回言わせて頂いたのは『ハーレイ・クイン』のコスプレでした。
次に言うなら・・・
今は『鬼滅の刃(きめつのやいば)』が流行りではないですか!?
禰豆子(ねずこ)の衣装が着たいですね。
漫画のコスプレをしたいです!」






―――間も無くクリスマスですがご予定はいかがですか?
(※昨年の時点で)





「『クリスマスは何をしよう?』とは考えていたのですが、有難いことに撮影が入ると思うので、『リュウソウジャー』のキャストとクリスマスを過ごせればと思います。

プライベートでは、11月頃からずっとクリスマスケーキを考えていたんです。
色々なコンビニやデパ地下のパンフレット持ち帰って家で眺めているので、2つくらいホールケーキを買おうかな?と思っています(笑)」




―――ご自分で作ることはないのですか?





「しないです、ないです(笑顔で即答)
せっかく楽しいクリスマスなのに、下手なケーキを食べるよりもプロの方が作った美味しいケーキを食べようかなと思うので(笑)
自分で作るよりも、綺麗なケーキを食べたいですね。」




―――クリスマスでコスプレは?





「サンタコスはしたいですけど・・・
でもサンタコスよりかは、アニメキャラの方がコスプレはしたいですね。
サンタコスはしないですけど、もし『鬼滅の刃』が好きな方が居れば、一緒にそれのキャラになってクリスマスイベントが出来たら楽しいですね。」






―――今日のファッションのポイントは何ですか?






「全身真っ赤の可愛い衣装です。
後は身体のラインが綺麗に出る所がポイントかな?と思います。

えっ?
クリスマスを意識したのかって!?


・・・しました!
ウソです(笑)
でも言われてみればクリスマスカラーですね!」




―――最後に写真集のPRをおねがいします。





「ホントにとても私のこだわりが詰まっている一冊になっています。
写真集を出すことは、芸能界でお仕事をしている中での一つの夢でした。
夢が叶ってとても嬉しいです。

あと衣装から表紙の質感まで、私のワガママをたくさん聞いていただました。
とてもこだわった一冊になっているので、ぜひ皆さんも手に取って、お気に入りのワンカットを見つけて頂ればと思います。」


他にも撮影時のエピソードとしてこんなことも言っていた。
「ホテルのコテージでカエルのお出迎えがあったのがショッキングな出来事でしたね~」





プレスコメントタイムでも、普段と変わらない終始キラキラとした笑顔の真花ちゃんであった。
コメントに『食べる』話が多かったのも、アスナっぽくて可愛らしかったのだ。
(※THNのリクエストでリュウソウチェンジ風ポーズも見せてくれたし!)

尾碕真花ファースト写真集『いちか』は、小学館より絶賛発売中!
初水着やロングインタビューも掲載。

⚫︎尾碕真花(おさき・いちか)
2000年12月2日生まれの高知県出身
趣味:絵を描くこと
特技:どこでも寝れること
第13回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞。
テレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」
リュウソウピンク・アスナ役でレギュラー出演。
映画「ちはやふる~結び~」に出演するなど、今後の活躍が期待される
若手女優。

シェア