【リュウソウ】一ノ瀬颯が歌うリュウソウレッド/コウのキャラソン『エンドレ ス・ファイアー』!(キャラソンその1)

©2019 テレビ朝日・東映AG・東映
2020/03/19

【リュウソウ】一ノ瀬颯が歌うリュウソウレッド/コウのキャラソン『エンドレ ス・ファイアー』!(キャラソンその1)

物語は最終決戦となり、大いに盛り上がる『騎士竜戦隊リュウソウ ジャー』が熱い!

強大な相手に立ち向かって行くリュウソウ族戦士たち。
平和だったひと時に垣間見せた素顔の瞬間を、歌詩へと織り込んだキャラクターソングが誕生した。

役を演じる本人が、熱い想いを込めて自らのキャラクターとして歌うスーパー戦隊恒例の歌の企画だ。
今年は一年を通して演じて来たあたりでのレコーディングだったので、その想い はより一層であろう。
(もちろんカナロの参加は、物語の中で少し遅いが・・・)

ちなみに今回のリュウソウキャラソン全ての歌は、eNu(エヌ)さんお一人の歌詩によるものだ。
数多くのアニソンも手がけ、自ら歌も歌う笑顔の素敵な方だ。


――――――――――――

それでは一ノ瀬颯(いちのせ・はやて)クンが演じた、リュウソウレッド/コウ のキャラソン『エンドレス・ファイアー』から行ってみよう!

この日の収録は、普段スーパー戦隊ソングで使うところとは違うスタジオ。
もちろん颯クンにとっては、どこでも初めてであろうから問題ない。
プロの使うスタジオなのでか、何だかウキウキしているようにも見える。

まずはマイクテストを兼ねて、一通り歌ってみる。
それから穴井ディレクターがニコニコとアドバイス。
『お話冒頭のコウのイメージが強いので、アクションシーンでも使える歌にした いと思います。』

本番になるとお腹に手を当て、ゆったりと身体を揺らして颯クンは歌う。
それから穴井Dは『一番最初(マイクテスト)に録ったのと聴き比べてみましょ う。子音の立ち上げ速度を・・・』
と何やら難しそうなことを言ってるが、颯クンは熱心に歌詩カードにメモを取っ ている。

『不敵な感じを忘れずに!(穴井D)』
改めて歌った颯クンだが、
『難しいな・・・上手く行かないな・・・』と呟く声が漏れ聞こえて来る。

それもそのはずらしく、とはいえ、
『かなりレベルの高いことを要求していますが、吸収力が高いですね!』
と、穴井Dは満足気で順調に収録は進んで行った。


その直後に、ロビーのソファーでお話を聞いた。






―――収録が終わった今の率直な気持ちはいかがですか?





「『歌』に対する考え方が変わりましたね。

今までは、誰かが歌った人の曲を歌う感じでした。
自分なりにアレンジはするけど、最終的にその人のマネをする感じでしょうか。
見本(※手本)がある状態から歌っていたんです。

今回は自分が最初に歌うという、ゼロからの部分をさせてもらいました。
それはいかにして歌うか・・・歌詩を活かす歌い方などの難しいところだったりします。
そういったことは考えたこともありませんでしたし。

でも刺激があって楽しかったです!(爽快感ある笑顔)」





―――この歌はリュウソウレギュラーメンバー6人全てのキャラソン歌詩を手がけた eNu(エヌ)さんによるものですが、心に残ったところは何処になりますか?







「作品を全て見て考えて下さっているんだなと思いました。
直接お会いした時にも、そう感じたんです。

コウらしさが現れていることに関しては、2番の頭・・・Aメロですね。
『♪ 出口のない迷路に迷い込んで 目指すべき場所を見失っても・・・前を向こ う!』のところは、とてもコウの人柄を表していると思います。
とても明るい歌詩ですよね。

一方冒頭部分は暗めの事ではあるので、そう歌わせていただいています。
それでも後半(※2番)は前を向くという意味なので、感情の変化への歌い分けを しているんです。

それも(穴井Dから)言って頂いたので、『アッ!』と思ってやらせてもらった ことなんですけど・・・(照)」






―――やはり穴井Dのアドバイスがあると、ガラッと変わる感じですか?






「ハイ。
一番初めに自分(の考え)で歌った時と、色々なアドバイスを受けて歌った時の両方を聴かせてもらいました。
そうしたら『全然違うな』って。
とても感激しました!
そこは、楽しかった理由の一つなんですけど(笑)」






―――この歌をファンの方が歌う時の、『一ノ瀬さんワンポイントアドバイス』をお聞かせ下さい。






「(はにかんで)何だろうな・・・
サビを力一杯歌うことですかね。

全体的にコウの経験してきた事が詰まった曲です。
『リュウソウジャー』を観て下さってる人なら、『ここかな?』って思うと思います。

だからコウになったつもりで歌ってみて下さい。
気持ちを込めて歌えると思いますぅ・・・
(※あっ!また照れた)」





―――ちなみにレコーディングの経験はこれまでにありますか?






「今回が初めてです(嬉)
歌は好きだったんですけど・・・
こうやってCDになってカタチに残して頂けるなんて!

凄く嬉しかったし、芸能界に入った上での一つの目標でもありました。
夢が一つ叶って、メチャクチャ嬉しかったです。」






―――この歌はその内ライブで歌うオファーがあるかもしれませんがいかがですか?






「もう(その時は)全力で歌います!
気持ちを込めて(笑顔)

ホントぜひ歌いたいですね。
この曲の良さはもちろん、コウの人柄の良さを充分感じてもらえる歌詩と思います。
自分が歌いたいのもありますけど(笑)

聴いて下さった方に、何かを残せたらなと思います。
ぜひ歌わせて下さい。」

●【ファイナルライブツアー2020にてキャラクターソングの歌唱が決定!】
     https://columbia.jp/ryusoul/






―――ちなみにカラオケは行かれますか?






「ハイ。
結構好きです。」






―――どんな曲を歌うんでしょうか?






「そうですね・・・
この『エンドレス・・ファイアー』みたいな『バーン!』と明るい曲も歌いますし、暗めな曲も歌います。
あとはディズニーのデュエットを一人で歌ったりとか・・・
声を真似て歌うのも好きです。」







―――聴く歌を含めてお気に入りの曲はありますか?
アーティストとか。





「(※ 頬っぺたを押さえて)いろいろあるんだよなぁ・・・

曲だと『366日』が好きですね。
僕が聴いていたのが清水翔太さんだから、(そのバージョン)というのもありますが。
清水翔太さんの歌は結構好きな曲がありますね。
ギリギリ自分の出るキーなので(笑)

聴いていても清水さんの声は優しい感じですし。
『いいなぁ~』って思って、真似ながら歌います。」







――――これで一ノ瀬さんの歌声の評判が良ければ、またスーパー戦隊で歌のオファーがあるかもしれません。
その時はどんな歌を歌ってみたいですか?






「そうですね。
一番印象に残る歌・・・主題歌!?だったら嬉しいですけど・・・

挿入歌なんかで、少しでも参加出来たらと。
コウのイメージもあると思うので、それは活かした戦いの曲なんか良いですね!」








歌うことがとても好きそうな一ノ瀬クン。
この日のレコーディングはかなり楽しそうであったし、歌のことを語る姿もとて も生き生きしていた。
この歌をナマ歌で披露することへもヤル気マンマンだったので、そんな機会には ぜひ皆んなも全力で聴こう!


(※写真の赤い襟元は、実は颯クンのこだわりだ)


『エンドレス・ファイアー』
作詩 : eNu
作曲・編曲 : 馬渕直純
歌 : コウ(一ノ瀬 颯)

この歌は『騎士竜戦隊リュウソウジャー キャラクターソングアルバム』(品番 COCX-41002)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア