濱正悟の2020年版卓上カレンダー発売でイベントが開催される!

2019/11/29

濱正悟の2020年版卓上カレンダー発売でイベントが開催される!

番組が終了すれども人気の衰えを知らない『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。
そこでルパンブルー/宵町透真を演じていたのは濱正悟(はま・しょうご)クンだ。

その正悟クンの2020年版卓上カレンダーが発売となりイベントが開催された。
都内書店で11/23日(土)に行われたイベントは、生憎の天候にもかかわらず多くのファンが詰めかけていた。

イベントの前にプレスタイムがあったので、もちろんヒーローネットも覗いて来たぞ。






―――まずは率直に発売の感想をお願いします。






「(カレンダーは)2回目を出させて頂くことになります。
今年も来年度分を出させて頂けて、とても嬉しいです。」






―――今回は横浜で撮影されていますが、何か思い出があったりするのですか?






「横浜での撮影はベタなので、割と皆さん行きがちなのかな?と思ったんです。
でも自分はあまり使ったことが無かったんですね。
打ち合わせをした候補の中で、一番行きたかったのが横浜だったんです。
だから皆で行きました。」





―――撮影で思い出に残っていることはありますか?





「撮影は全て1日で行いました。
自分の家にある物で12ヶ月分を持って行き、私服で撮りましたね。
写真もデビュー当時から宣材写真などを撮ってもらっている、藤記美帆さんという方です。
かなり濃密な1日でした。」





―――洋服はホントに全て私服なんですね?





「ハイ。そうです、自前です。」






―――先ほどお聞きしたお気に入り写真は、どういった所がポイントですか?(画像参考)





「9月だけ白黒にしたんです。
他のページでは、昔・・・高校や大学時代に買って全然着てなかったようなもので、撮ったりしています。
これは今の自分が好きな服を合わせてみました。

(ドラマの)撮影であまり行けていなかった海に行き、あえて白黒にしたのも自分の中で印象的でした。」






―――今日のイベントの洋服も私服なんですか?





「そうです、私服ですね。
でもこれは(カレンダーには)入っていません。
今日の気分です(苦笑)」





―――2020年まで残すところあと1ヶ月となりました。
今年1年を振り返ってみて、改めていかがですか?






「『ルパパト(※快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー)』という作品で、
1年間(ルパン)ブルーを演じさせて頂きました。
そして後楽園(※シアターGロッソ)のショーだったり、日本全国各地を回るファイナルライブツアーが終わったのは
4月の末頃でした。

1年間同じ役を演じている現場とは別に、そこから3ヶ月ワンクールの連続ドラマやモデルの仕事をさせて頂きました。
同じ役では無い現場がたくさんあったので、また違った濃密な1年だったかなと思います。」





―――けっこう忙しかった1年ですね。






「でも期間によります。
続けて休みが取れれば、次の仕事の準備をするとか・・・でも割とフルで動いていました。」





―――2020年の目標や夢は何ですか?






「一番はお芝居がやりたいです!
大小問わず、一つでも多くの役と巡り会えたらと思います。」






―――特に挑戦してみたい役などはありますか?






「そうですね。
悪い人間がやりたいです。
皆さんヒーローのイメージ・・・ま、『快盗』なので特殊な役柄ではあったのですけど・・・
ちょっと、ホントに悪いヤツみたいなのですね(笑)。

もしくは『刑事』とか。
(※マスコミ一同から『おぉ~っ』とどよめき)
スーパー戦隊で(警察と)一緒だったので、ずっと刑事はやってみたいとは思っていました。
モデルの仕事でもスーツを着ることが多かったんですよ。
なのでお芝居でしっかりスーツを着こなしてみたいと思います。
(普段は)クール系な役が多いので、熱い役もやってみたいです。」






―――『ルパパト』が終わって刑事役をやりたいと言うのも珍しく思えますけど、
パトレンジャーの方から何かアドバイスを受けたりしたのですか?





「ずっと(刑事は)やりたかったんです。
でも『快盗』が終わってすぐのインタビューで、『刑事がやりたい』と言うのは
ベタ過ぎて恥ずかしくて言えませんでした(苦笑)。
ま、ちょっと今日は言ってみましたが・・・
(『ルパパト』キャストとは、番組が)終わってからも、プライベートで食事に行ったりもしています。
だから(その辺りを)聞いてみたいとは思いますね。」





―――熱い役と言えば結木滉星さんの役(※パトレン1号/朝加圭一郎)のような?





「そうですね。
この間も雑誌(の仕事)でたまたまご一緒させてもらったんです。
何か縁があるなと思いながら、最近は何の仕事をしているか共有しあったりしています。
結木さんには刺激を受けています。」







さすが人気のスーパー戦隊!
他の記者からも『ルパパト』絡みで質問が出たぞ。
これはヒーローネットでも!と思い質問したみた。
―――この撮影で『ルパパト』を思い出したり、『ルパパト』が役に立ったりした場面はありますか?





「ん~
(撮影が)1日だけだったので、だいぶタイトなスケジュールで撮ったんですよ。
『ルパパト』のように、忍耐的に気合で乗り切るところは役立ったと思います(笑)。」




―――このカレンダーはどこに置いてもらいたいですか?
(※ヒーロー的では無い質問をしてしまった・・・)




「フフ・・・ん~っと、リビングとか目に見えるところですね。
もしくは職場とかに置いてもらえると嬉しいですね。」





(※そしてまた質問はほかの記者に移る)
―――横浜デートの設定だそうですが、それは濱さんの想定ですか?


「こういう風にデートするのか?と言うことですか?・・・そうですね。
2月とか6月とかは、自分の中で『こういうデートが出来たらいいな』と思いました。中華街に行ったのですけど。
そうですね、自分の中では中華街がデートするには一番楽しいのかなと思いました。

他は自分の趣味が先行してしまった部分があります(笑)。」





―――12ヶ月分も私服のバリエーションを出したら、街中で濱さんだとバレるので
は?と不安などはありませんでしたか?






「あまり声をかけられることも無いので、割とバレないのかなと思います(笑)。
(不安な時は)メガネかけます!」





―――2020年にプライベートでチャレンジしてみたいことはありますか?





「楽器とか、プラスアルファで自分の身になるものですかね。」






―――趣味のカレーなどは?


「カレーはもちろん!
昨日も食べましたし。
(雑誌で)連載をやらせてもらっているので、より多く食べてみたいですね。

あとは、東京では無く遠くの(地での)カレーを食べに行きたいです。
その連載で、インドに行くのが夢です、目標です。」






他にクリスマスの予定を聞かれると・・・
「今のところ無いです、ちょうど空いてます。
でも仕事をしていたいですね(苦笑)。」


最後にファンの方に一言。
「いつも応援ありがとうございます!
お陰様でまたカレンダーを出させて頂くことになりました。
皆さんも良ければお手に取って頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします!」


濱正悟2020年版卓上カレンダーは、ハゴロモより絶賛発売中!

シェア