幡野智宏が歌う『滾れ!リュウソウジャー』!

(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映
2019/11/20

幡野智宏が歌う『滾れ!リュウソウジャー』!

現在絶賛放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に、先日加わった挿入歌は
オープニング主題歌も歌うProject.Rの幡野智宏兄が歌う 『滾れ!リュウソウジャー』。

そのレコーディングの様子も覗いていたのだが・・・少々遅めの公開となり皆様には失礼します。


さて春先に行われたこの収録は、東京タワーを見上げるような場所にあるスーパー戦隊ソングお馴染みのスタジオだ。


その日、穴井ディレクターはニコニコと幡野兄にアドバイスしている。
『スピード感にノッて、オラオラオラ!な感じにね!』
『メジャーマイナーの切り替えを、歌で表現してね!』
『息継ぎに問題あるかもしれないけどシッカリ歌ってね!』
『勇猛だけど獰猛に!』
次々と言葉が出てくるが、柔和な表情は相変わらずだ。
アーティストに落ち着きと信頼を与える魔法のようなものかもしれない。
幡野兄はと言えば、左手を腰に当て右拳を力強く握ってうなづいている。

(穴井D)「『無限大』の長短とかを楽しんでやっていてオジサン嬉しいな ♪
さて、退路を断つパターンです。
同じテイクに重ね(て録音す)るパターンでもう一回!
幡野くんは出来るよ!
出来るまで待ちま~す、出来るから!」

ん?
穴井ディレクターは優しいと思ったけど鬼だったかな?

レコーディング前にテンポが『速い、速い。』と言っていた幡野兄。
収録後には『歌うと(高くて)涙が出るんですよ。』と苦笑い。
そのままレコーディングブースの中でお話を聞いた。






―――終わっての率直な感想はいかがですか?





「いや~、時間内に終わって良かった~(ホッ)
今日は(伴奏の)楽器隊も(自分のレコーディングの)前に録っていましたから。
そのバラシもあってスタートが少し遅れましたからね。

(歌自体も)今回は持田(裕輔)さんが作曲で、コーラスラインもいつもよりたくさんありました。
かなりボリューミーでした。」






―――レコーディングの前に、曲のテンポが速い速いと心配していましたが。





「え~もう、メチャクチャ速いですね。
bpm(曲のテンポを示す単位)が、200以上なんです。
『リュウソウジャー』のオープニングよりも速いんですよ。
頂いての初めの感想は『速いよ!』でした。」





―――オープニングの時は『キュウレンジャーよりも速いよ!』と言ってましたけど。





「『キュウレンジャー』も速いですけど、『リュウソウジャー』はドラムパターンがドコドコ(※スティックで叩く感じに)
してる感じが多く て
・・・それがより速く感じた訳ですが、これは完全に速いんです!


(bpmが)50くらい速いです。
これ以上速くなったら、僕はもうメタルを・・・『ツー・バス』やるしかなくなります(笑)。
(※ツー・バス=特に速いテンポが特徴のメタルなどで使用される演奏技法。それで使うドラムセットの事も言う。)






―――今日は作曲の持田裕輔さんが同席でしたけど、その前で歌うことはいかがでしたか?






「初めてお会いしました。

穴井(ディレクター)さんが言ってましたけど、仏のような笑顔が素敵な方でした。


今回は初めて(作曲してもらったところ)の先生と言うこともあり・・・リュウソウの一発目のアクション曲ですよね。
なので気合を入れました。
穴井さんにも『作り込んで来たな』と言われるくらいに、準備万端で来ました。」







―――この歌はマイクスギヤマさんの作詩ですが、気に入ったところはどこですか?






「パッと見たときに、語呂がいいなと感じました。
Bメロのところで、1番は名乗りのフレーズが入っています。

そして2番には主役5人の名前が入っています。
個人的には『やはりバンバは一味違う位置に置かれてるな!』と思います(笑)。

ダンスの時から定められてるんだと感じます。」





―――マイクさんの技が冴えますね。





「やっぱり語頭で力が入る歌詩ですよね。
『そうそうSOUL この感じ』のところは、武器のフレーズが入っていて『いいな~』と思いました。
でも、ここがメチャクチャ速いんですよ。
初めて聴いたときは『え!? ウソだろ? どうやってハメるの?』って(苦笑)。
でも言い馴染むと、とても言いたくなるんです!

速い割には歌い易い印象です。」





―――2番で名前の入ってるところに続いて、とても高いところがあったと思います。





「あ~!
準備をして来た僕が打ちひしがれたところですね。
メロディーを当日に最終調整するとで、まさかのことでした。

初めに聞いた時のキーだと音が低くて、僕的に疾走感が出ないと思ったんです。バトルの曲なので緊張感が出ないなと。
穴井さんにお願いして(キーを)上げてもらい、完璧な音源を手にしたら・・・
『なんかスゴいところがあるけど、そこはギターソロですよね』と願ったのですが。

来てみたらやっぱり僕が歌う部分でしたね(苦笑)。

穴井さんは『そこはチョット高いから裏声で処理してもいいよ』とは言ってくれたのですが、
悔しいので『イケます!』と言って歌いました。


『ルパンマグナム』に続いて、またしても僕の人生に大きな楔が打ち込まれた瞬間です(笑)。」





―――この歌はライブでも歌うことになりますよね?





「ま、(高いところは)一瞬なので、そこに全てを賭ければ大丈夫だと思います。
CDに収録されたモノは、歌えないとカッコ悪いですよね。
『歌えるのか!? 幡野!』PART2ですけど(笑)。」






―――穴井ディレクターも言ってましたが『この歌がカラオケに入った時に歌えるのか?』と。





「・・・歌えないと思います(笑)。

もう、いいです。
高いところは歌わなくていいです。
ノドをやられます。」





―――それでもカッコよくするにはどうしたら良いですか?





「僕はレガートに・・・滑らかに歌うクセがあります。
バシバシッと決めて行くところを決めて行けば、ヒーローの歌はカッコ良くなると思います。」








最後に『限界突破し続けます!』と言っていた幡野兄。
次なる新曲も楽しみだね~

          『滾れ!リュウソウジャー』

           作詩:マイクスギヤマ

           作曲・編曲:持田裕輔

           歌:幡野智宏



この歌は『ミニアルバム 騎士竜戦隊リュウソウジャー(1)』(COCX-40814))に収録で、
日本コロムビアから発売中!


●『騎士竜戦隊リュウソウジャー特設サイト』

    

   https://columbia.jp/ryusoul/

シェア