【最強バトル】森高愛がトッキュウ5号/カグラを久しぶりに演じて思ったこと!(最強その5)

(C)石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映
2019/07/25

【最強バトル】森高愛がトッキュウ5号/カグラを久しぶりに演じて思ったこと!(最強その5)

先日発売されたばかりなのが『4週連続 スーパー戦隊最強バトル!!』のディレクターズカット版を含むBlu-rayだ。
テレビでは『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の間の
4
週間で放送された作品だが、それを1本にまとめてディレクターズカットとしたものが特典映像になっているのだ。
このBlu-ray発売を記念しての上映会が、615に都内ホールで行われた。


近年はヒロイン推しとなっているTHNなので、ここはレジェンドスーパー戦隊を代表して、
トッキュウ5号/カグラを演じた森高愛ちゃんにお話を聞いてきたぞ。







―――
今日のイベントはいかがでしたか?





「久々にカグラとしてお客さんの前に立ちました。
何かちょっと不安な部分もあったんです。
でもみんなが『カグラ―――ッッッ!』て呼んでくれたので『ハ―――イッッッ!』って(照)
ホント久しぶりにお客さんの声が聞けたので、なんだか感動でした。

『戻って来られて良かったー』とは、撮影した時も思いましたが・・・
今日ステージに立って改めてそう感じました。」






―――
ステージ上から見えた景色は、トッキュウジャーの頃に感じたものと同じでしたか?






「『赤い』洋服の方がたくさんいました。
『この方たちは誰の〈赤〉を着てるんだろう?』と思いましたね(笑)。
それは不思議な感覚でした。
トッキュウの頃は〈赤〉なら『ライトの事が好きなんだな』とかあったのですが、今回は〈赤〉が3人出ていますから。

それに私たちとは違う歴代のスーパー戦隊の洋服を着てくださってる方などもいたんです。
ホントにスーパー戦隊は愛されていると思いました。
スーパー戦隊が好きな方が観て『面白い』と思って下さった作品なんだとも感じました。」





―――
今回初めて会ったスーパー戦隊レッドのメンバーはいましたか?




「みなさん(この作品までに)お会いしたことはあります。
でもちゃんとお話をして絡んだのは初めてでした。
新鮮な感じです。

『ニンニンジャー』と『トッキュウジャー』のバーサスもあったのですが、
(※『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワン ダーランド』)
結局天晴〈たかはる〉(※アカニンジャー/伊賀崎天晴)とは、あまり絡むシーンはなかったんです。
でも今回、天晴と絡んでみたら『こんなに相性がいいんだ!』と思いました。
(天晴とカグラは)二人とも天真爛漫ですよね(笑)。
もっといろいろなスーパー戦隊の人と絡んだら、違った化学反応が起きるのでは?とワクワクはありましたね。」





―――
この作品をオファーされて、カグラにすぐ戻ることは出来ましたか?





「いや~、もう不安でした(汗)。
とりあえず『トッキュウジャー』(のDVD)をたくさん観ましたが
・・・『私ってこんな感じだったんだ!?』と思いました(苦笑)。

『トッキュウジャー』当時の私は、結構素のままだったんですよ。
動きの癖とかが凄くあったんです。
今回もそれは少し出ていたかと・・・やはり自分自身は変わらないので、
ちょっと『カグラ』っぽい素質は持っているんですね(笑)。」





―――
でもこうしてお話しててもトッキュウ当時よりオトナっほくなったことを感じます。





「ありがとうございます。
もう21歳になったんです。

え?ツインテールですか?
こんな高さではしばらくしていませんでした。
これも『トッキュウジャー』ぶりだったので不安の一つでした。
でもみなさんに『大丈夫だよ、どこまでもイケるよ』とは言ってもらえたので(照笑)。

またこうやって復活するような作品が出来て『カグラ』として戻って来られたら嬉しいと思います。」






―――
ヤル気マンマンですね。





「エヘヘ、そうですね。
呼んでもらえるかちょっと分かりませんけど(笑)。

ホントに楽しかったので、また次があれば携わりたいです。」





―――
ぜひいつまでも『カグラ』でいてください!





「どうですかね~!?
髪の毛を降ろしていいですよ、とか(関係者から)言われませんかね?

カグラも少しづつ大人になっていいと思うんですよ。
トッキュウジャーのVシネ(※『行って帰ってきた 烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号』)で、
その時私は10年後の設定だったのでツインテールじゃないんです。
だからあと5年もしたら私はツインテールではなくなるのかな?って。」






―――
もし今後また東映ヒーロー作品に出演するとしたら、どんな役をやってみたいですか?



「え~!?・・・
『敵』とか?
そういうのもちょっとカッコいいと思います。

どうしても(私はカグラのような)『妹』のイメージがあると思うんですよ。
だから少し率先して(トッキュウ3号/)ミオちゃんみたいな強い女の子を演じるのもいいですね。」






―――
ちなみに『変身』はまたやってみたいですか?





「う~ん、どうですかね?
なんだろう、う~ん・・・」






―――
考えてしまいましたね。





「やっぱり、『トッキュウジャー』への愛がとてもスゴいんですよ。
だから今『違うスーパー戦隊で違うスーパー戦隊ヒーロー』となると、戸惑ってしまうと思います。

嬉しいですけど、出来るかどうか不安になります。

完全に振り切った『敵』の方が楽しそうですね。」






再びトッキュウ5号/カグラを演じることが出来て、とても楽しそうだった愛ちゃん。
嬉しそうにお話しながらも、5年前とは違ってすっかり落ち着いての『楽しい』雰囲気がとても印象的だった。
ぜひいつか、敵役としても『スーパー戦隊』の世界に戻って来てちょーだい!


東映ビデオ『スーパー戦隊最強バトル』公式ホームページ
https://www.toei-video.co.jp/special/superhero-battle/


森高 愛(もりたか・あい)
1998.1.14
生まれ
埼玉県出身
日本アイシングクッキー協会認定講師
趣味:お菓子作り、写真

森高愛公式instagram
https://www.instagram.com/ai_moritaka_official/

森高愛公式Twitter
https://twitter.com/ai_moritaka_tc

シェア