Sister MAYOが歌う『ケボーン!リュウソウジャー』は、『騎士竜戦隊 リュウソウジャー』のエンディングテーマ!

©2019 テレビ朝日・東映AG・東映
2019/05/08

Sister MAYOが歌う『ケボーン!リュウソウジャー』は、『騎士竜戦隊 リュウソウジャー』のエンディングテーマ!

ただ今絶賛放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。
ダンスも話題となっているエンディングテーマ『ケボーン!リュウソウジャー』を歌っているのは、Sister MAYO(しすたー・まよ)姉だ。

この日はちょっぴりスッキリしない天候だったが、収録のあるスタジオはMAYO姉にも馴染みのスーパー戦隊ご用達の場所なので、彼女は妙に元気。(いつもか・・・)


マイクテストが始まると『うっわ~、ってなる!上がっちゃう!』とMAYO姉はますます元気。
エンジニアに『(テンポが)早くてタイヘンでしょう?』と聞かれると、『へっへっへー、しんどいです』とチロッと舌を出していた。

穴井ディレクターはと言うと微笑みながら、
『ノーテンキさを出して!』などと、こちらも適切なようでそうでないような発言だ。
MAYO姉)『ノーテンキね、ノーテンキ!』
『もう踊りまくります!へっちゃらプーッ』

あ~、穴井ディレクターはなんだか余計なことを言っちゃったのか!?
なんてやりとりを見ていたら、ガクッとマイクがずり下がった。
マイクまでズッコケてら・・・

MAYO
姉は『魔法戦隊マジレンジャー』のエンディングテーマ『呪文降臨~マジカル・フォース』も歌っているスーバー戦隊ダンスソングのミューズであることをお忘れなく。







―――
新しいスーパー戦隊のエンディングテーマレコーディングを終えたこの瞬間の気持ちはいかがですか?





「ここへ来るまでは(ダンスソングの)感覚を忘れていました。
(『マジレンジャー』から)間隔が空いているので。

少し『ワクワク』していた程度だったのに、来てみたら『私はこういう(曲調の)歌にハマるんだ!』って。
メチャメチャハマったんです(笑)。

こういう感じにハマることを再確認しました!

1
人で歌うのは『マジレンジャー』以来ですね。
これもまた相当な振り付けがあるんですよ。タイヘンなんです。

振り自体は、ちっちゃい子向けなのでそんなに難しいモノではありません。
これは飛んだり跳ねたりが結構あるので・・・何か不安(苦笑)」






―――
そんな時、口パクはしないんですね。





「もちろん!
歌いながら踊るのは『マジレンジャー』以来になりますね。
『(炎神戦隊)ゴーオンジャー』もありますけど、あれでの私はラップみたいなものなので。

これ(『ケボーン!リュウソウジャー』)をフルで歌って踊れば痩せますね(笑)。
ちょうどいい!

『マジ』の時は一瞬痩せて、慣れてきたらまた太りました(笑)
これでまたかなり痩せます!」






―――
今日は作詩のKOCHOさんが同席でしたが、作詩の方の前で歌う気持ちはいかがでしたか?





「全然聞いてなかったので『ヤバい、どうしよう?』って。

だから今日はあまり気にしないようにしました(苦笑)。
他にも沢山人が居ましたが、それは気にせずに普段と同じ気持ちで歌ったんです。

こんなに人の多いレコーディングは久々ですね。
(※東映プロデューサーの他にテレビ局や代理店のプロデューサーまでズラッと揃った)

『圧』が凄過ぎました。

『エンディングってこんな(状況で歌う)んだっけ?』と思いました。
色々新鮮な気持ちになっています(笑)。」





―――
そんな緊張感は微塵も見せていませんでしたけど。





「楽しかったですからね!
こういう曲調に私を選んでくれて、ありがたいと思います。
まさに『ケボーン』!(笑)』






―――
この曲で心に残ったところはどこですか?






「・・・『勇気希望いつだってそばにある』ってところが・・・
最後にも出てくるんですが、練習の時に『グッ』と来ちゃって・・・
なんか良い『詩』だなと思いました。

何ていうのかな?
特別な言葉ではないじゃないですか!?
でも凄い刺さっちゃって・・・

良いなと思う反面、子供たちにこれを伝えなきゃイケナイのか!と思って・・・『私ちゃんとしなきゃ!』と。

この歌詩は、割と堅苦しく無く書いてくれています。
私は歌いやすいとい言うか、入りやすかったですね。

『ハイテンションでリュウソウジャー』とかも、とても私が使いそうな言葉なんです。
どういう風に(子供たちに)伝わるか分かりませんけど。」






―――
この歌をファンの方が歌う時のワンポイントアドバイスをお願いします。






「んー・・・やっぱり今の『勇気希望いつだってそばにある』は、語りかけるようにですね。(※手を差し伸べて優しそうに)

そこからのサビは、ド――ンッと明るく!
こんな感じだと思います。」






―――
そして早くダンスを覚えることなんでしょうかね。






「そうですね。

目の前にダンスを踊っている人がいると、こちらも一体感が出てきます。
『ワ~ッ』ってハイテンションになります。
お客さんもハイテンション!
まさに『リュウソウジャー』(笑)

ってなるんじゃないかな~?と。
早く覚えて欲しいですね。」






―――
これから一年間、歌って踊り続けることになりますが、何を思い浮かべますか?






「これを大人のファンが踊るのはイメージがつくのですが・・・

小さな子供たちは、どうやって踊るんだろう?って。
それを思うと楽しみでしょうがないです。(※頬に手を当てての微笑み)

子供が踊ったら、メチャメチャ可愛い振りなんですよ!
コレ見たいっっって思って。
早く見たい!

すっごい可愛いと思います。
ヤバいっす、コレ。

『スリラー』みたいなところや、サッカーの『カズダンス』のようなところもあり、もう可愛いんです。

みんなキッチリ踊ろなくても、ノリで『ワ~ッ』とやれるような体操だと思えばいいと思います。

楽しく歌って踊って欲しいですね。」






―――
その子供たちの輪の中で踊るんですね。






「そう~!(※目をとっても細めて)
もう楽しみなんです。

メッチャ練習しよ!」








子供たちの可愛らしい踊りを思い浮かべて微笑むMAYO姉の微笑みは、女神のようであり母のようでもあり、とても慈愛に溢れたものであった。
(宴会で見せる表情はこの際置いといて)

最後にMAYO姉はこんな事も言っていた。





「私はこういう声なので、あまり戦いの時にかかるような歌のオファーは無いんです。

ヒロインソングなんかはどうでしょう。
希望してま~す!」

『ケボーン!リュウソウジャー』
作詩:KOCHO
作曲:奥井康介
編曲:中塚武
歌:Sister MAYO



この歌は『騎士竜戦隊リュウソウジャー主題歌』(COCC-17601/通常盤、COCC-17600/限定盤)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!

この曲を含んだミニアルバム『騎士竜戦隊リュウソウジャー&スーパー戦隊』(COCX-40791)も発売中だ!


『騎士竜戦隊リュウソウジャー主題歌特設サイト』
https://columbia.jp/ryusoul/

シェア