小林れいの演じるフィータが歌う『ケペルパスペル』!

©2019 テレビ朝日・東映AG・東映
2019/05/08

小林れいの演じるフィータが歌う『ケペルパスペル』!

ただ今絶賛放送中の『騎士戦隊リュウソウジャー』。
4
28日放送の第7話『ケぺウス星の王女』と55日放送の第8話『奇跡の歌声』(脚本/山岡純平、監督/坂本浩一)に登場したケペウス星の王女がフィータで
ある。カルデナの妹だ。
そしてフィータを演じたのは、小林れい(こばやし・れい)ちゃんだ。
涼やかな瞳に黒髪のフィータはとってもクールビューティーだったよね。

そんな、れいちゃんが劇中で歌ったのが『ケペルパスペル』である。
その日この歌が収録されたスタジオには、土井プロデューサーと穴井ディレクター、作詩・作曲/金子麻友美さんと編曲/籠島裕昌さんが同席していた。

—————————————

いつものスーパー戦隊ご用達スタジオでマイク前に立ったれいちゃん。キリリとした眼差しだが、ちょっぴり緊張しているようにも見える。
マイクテストで声出しをする姿は、ヘッドホンを手で押さえたりお腹に手を当てたりと本人なりに何かを探っている様子だ。
そして納得したのか、ペットボトルの水に口を付け、身体をユラ~リと揺らしている。


収録が始まりしばらく経つと、穴井ディレクターは『素晴らしいですね。何も言うことが無い!』と呟く。
だが籠島氏は更なる高みを目指すのかこんなアドバイスを。
(籠島)「笑顔の時にはニコッとした表情をもっと意識して」
「『信じているの』が少しづつ近くなって来るので、手を伸ばして遠くに投げる
感じで」
って、ずい分哲学っぽいアドバイスだな。


でも現役アイドル活動で鍛え上げられているれいちゃんには、スッと身体に入る言葉だったらしい。

その後スタッフ一同が笑顔で納得して収録は無事に終了。
収録後ホヤホヤのコメントをロビーで聞いた。







———
レコーディングが終わった瞬間の率直な気持ちはいかがですか?




「率直な気持ちですか!?(笑顔)
とても緊張してました!

今回は初めてスーパー戦隊作品に参加させてもらうんです。
しかもゲスト出演と聞いた時には、歌も歌うとは思っていなかったんです。
それはもう嬉しかったですね。

この歌はゆったり目の曲なんです。
普段の私は『夢アド』・・・『夢みるアドレセンス』というグループに入っています。
『夢アド』での歌とはまた違った感じでした。
(だから)私の演じるフィータを意識しながら歌ってみたりしました(照)。」






———
緊張したとのことですが、スタジオのマイク前で歌うのは慣れっこではないですか?






「(笑いながら)何回か歌ってますけど『緊張しているので力を抜いて』と言われてしまって・・・
でも楽しんで出来ました!」







———
もう撮影の方は終わりましたか?





「まだこれから(撮影)なんです。






———
出演に加え歌もあると聞いた時の気持ちは覚えていますか?





「マネージャーさんから電話で(スーパー戦隊出演が)決まったから!と言われたんです。
『え~本当ですか!?』と思いました。

小学生の弟がスーパー戦隊を良く観てましたね。
私自身も観ていたので、まさかそれにゲスト出演出来るだなんて!
ホントそんなことは思っていなかったの嬉しかったです。





———
ちなみにどんなスーパー戦隊をご覧になってましたか?





「・・・『(轟轟戦隊)ボウケンジャー』!
その頃私は小23くらいでした。
当時は良く観てましたね。

ケータイみたいな(※変身アイテムのアクセルラー)のを持ってましたから。
シュッシュッてやって(変身して)ました(笑顔)」







———
今日は作詩・作曲の金子麻友美さん、編曲の籠島裕昌さんが同席ですが、楽曲スタッフの前でレコーディングするのはいかがですか?



「あ、そこら辺は割と(大丈夫です。)

グループのレコーディングの時もいらっしゃいます。
あまり緊張はありませんでした。

でも作詩・作曲の方が実際にレコーディングの現場にいらっしゃると、聴いて下さっていて有り難かったですね。
イメージにあっていたら良いと思いますけど(ドキドキ)。

アドバイスとかも頂けたので、最後の方は落ち着いて安心して歌えました。」






―――
この曲で心に残ったフレーズはどこですか?






「『優しい気持ちで口ずさむのよ』という歌詩があります。

ここはメロディーにとても合っていると思いました。
これを聴いていると、とても穏やかになります。

私自身もとても良いなと思いました。

あと『遠く離れても歌声は届くわ』は、フィータとお姉ちゃん(※カルデナ)が遠く離れていることにもリンクしてるんだなって!
(※身振りワチャワチャ嬉しそう)」







―――
歌も歌うと、お芝居にとても良く気持ちが入ると思います。







「そうですね。
私も(この曲を)頂いた時に・・・
普段から歌は全部の『詩』を一度読みます。
気持ちを確認してから、メロディーを聴くんです。
(今日も)感情は入りました。」






―――
今回は『歌』に注目してもらいたいですか?
『お芝居』に注目してもらいたいですか?






「それはもちろん両方ですよ(髪をかきあげ即答)。
どっちもです!

ゲスト出演の歌ってけっこうありますか?(と、土井Pに聞く)」




土井P「とても珍しいです。」


(れい)「ワッ!(※頬を押さえて)
ゲスト出演で歌を歌うことは珍しいとのことで、その試みが嬉しいです。

(歌とお芝居の)どっちもの他に・・・この曲はゆったりではないですか。
寝る前とかに聴いて欲しいです。ウフフ
子守唄として寝られそうだなと思いました。


私もオケをもらった時に、寝る前にかけていたらよく寝られましたね(笑)」






―――
今後またスーパー戦隊で歌のオファーがあったら、どんな歌を歌ってみたいですか?






「今回が優しめの曲でしたので、真逆の『ロック』みたいなのがいいです。

バトルっぽい曲ですね。」






―――THN
インタビューでは『言えば叶う』の言霊の噂もあります。





「え!
そうなんですか!?

私は・・・ヒーローになりたい!
ピンクとかイエローとかホワイトとか。
(※両手の動きが変身ポーズっぽい)

やってみたいです。
出られるなら、悪役でも何でもいいです。

お待ちしてます!じゃなくて、頑張ります!(ムッチャ笑顔)」






歌のことを聞いたつもりだったが、意外な返事だった。でも期待しちゃう。
ちなみに、れいちゃんはスーパー戦隊出演のことをインタビュー時点で弟には内緒だそうだ。
オンエアまで黙っているとのこと。
さてさて放送は一緒に観られたのかな?


『ケぺルパスペル』
歌:カルデナ(田中れいな)、フィータ(小林れい)
作詩・作曲:金子麻友美
編曲:籠島裕昌



この歌は529日発売のCD『ミニアルバム騎士竜戦隊リュウソウジャー1(COCX-40814)に収録される。


小林れい(こばやし・れい)
1997
1129日埼玉県出身
特技:立ったままブリッジ、皿洗い、スポーツ全般

シェア