【ゴーオン10】碓井将大が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その5)

©東映
2018/10/23

【ゴーオン10】碓井将大が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その5)

近年恒例になったかのような、スーパー戦隊での10周年企画。
今回は'082/17'092/8放送『炎神戦隊ゴーオンジャー』から、Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』だ。

すでにソフトは発売中なので、多くの皆さんはもうご覧のことであろう。
ここでは撮影期間中に聞いた、久しぶりのゴーオンジャー参加への喜びを語ったフレッシュな時点での言葉をご紹介しよう。
作品観賞後だとその内容が分かりやすいので、このタイミングでの紹介となった次第。

忙しいキャスト故に取材は数日をまたいだので、コメント収録順のご紹介ね。


――――――――――――――


5
番手はゴーオングリーン/城範人役の碓井将大(うすい・まさひろ)クン。

今日の範人は、ビル裏で美羽に叱られた後に、自転車便での活躍シーンの撮影。
竹田道弘アクション監督の指導のもとJAEの竹内康博さんサポートで、自転車をぶん回す所だ。
そう竹内さんと言えば当時はゴーオングリーンのスーツアクターだ。懐かしい作品故に駆けつけてくれたのだ。

範人は10年経ってもバイトの自転車便なのか?
いや、ベテランのプロとなり管理職となるが、たまたまシフトの穴埋めの出動ではなかろうか?なーんて。

ちなみに範人の自転車シーン後には、同じ地下駐車場で軍平の横っ飛び射撃シーンがあった。






―――
昨日は範人のクランクインで少しだけ撮影がありましたが、今日の撮影を終えた率直な感想はいかがですか?




「昨日は顔の出ない場面でしたが、今日は登場から変身シーンでした。

当時(の撮影)は松村(文雄)カメラマンがキツく指導してくれていたんです。」





―――
今日の松村さんは『嬉しそうだな。』と微笑んでましたが。





「そうそうそう!(笑顔)
でもそれは、まだ(自分が)この仕事を続けていられる事に生きている(※繋がっている)と思います。
エネルギーかな?って。

(松村さんの笑みは)メッチャ嬉しかったですよ。」





―――
その微笑みを見た嬉しさが、ついつい溢れてしまったとかですかね?





「そうですね(笑)。
もちろんキャラクターのこともありますけど。
当時の皆んなが帰って来たと感じて欲しいこともありますね。

でもこういうキャラクターだから『別にいいかなっ』って思って(笑)。」





―――
そんな笑みがこぼれる撮影を前に、昨日の晩は何か考えることはありましたか?





「そうですね・・・すっっっっっごい楽しみでしたよ。
こんなに現場に知ってる人のいる撮影なんて、中々無いんですよ。
色んな仕事をして来ましたけど・・・ブロデューサーさんが同じとかはありましたが、カメラマンから衣裳・メイクから小道具まで全部だなんて!
八割方知ってるだなんて、中々無いですよね。
こういう現場にいると、良い意味で腰を落ち着けてしまいますね。

アウェイ感などは全く無く、緊張感すらありませんでした(笑)。
ホームに帰ってきた感じも、顔の緩みに繋がったかもしれません。

でもそんなに緩んでました?(照)」





――――
はい。楽しそうでしたよ。
さて話は変わり、ゴーオンスーツに袖を通した感覚はいかがでしたか?





「そうか、そう考えたら1日でけっこう色んな事をやりましたね。

朝にゴーオンスーツで登場して、みんなと一緒にお芝居も出来ました。
バイトシーン、変身シーンといろいろやりました。

ゴーオンスーツは当時の物は(袖を通すのが)難しくなっていたんです。
筋肉質になったと言うか・・・昔は細すぎましたね。
年齢的に(他のドラマで)頂く役としても、体格が良くなくてはいけなかったりします。
だから竹内(康博/ゴーオングリーンスーツアクター【当時】)さんのスーツをお借りしています。
フイットする感じはあります。

今日は竹内さんもいらしてましたが、メッチャ嬉しいですよね(笑顔)。

10YEARS』って、皆んなこう感じるんですかね?
僕はこれしか知りませんけど『こんなに歓迎してくれるのかな?』って。
話を聞いていると、当時のスタッフさんは皆んな『ゴーオンジャーやりたい! ゴーオンジャーやりたい!』と言ってたそうなんです。だから今回は直ぐにス タッフが集まったと。」





―――10
年前の『ゴーオンジャー』の感覚に、今日はすぐに戻れましたか?





「変身シーン(※炎神ソウルを入れる仕草をしながら)などは、憶えてましたよ!(笑み)。

エビちゃん(※海老澤健次/ゴーオンブラック・石原軍平役)とは最初からペアじゃないですか!
打ち合わせもなくシャッ!シャッ!
シャッ!シャッ!(※微笑みながら変身ポーズをする)と。
全く練習などはしていません。
憶えてるもんだな~って、思いました。」




―――
この先、揃って変身するシーンの撮影がありますが、その時はどんな気持ちになると思いますか?
(※作品をご覧になれば分かるが、揃っての変身は6人でとなる)




「いや〜・・・
今日はレッドとブルーの変身を見ていて、泣きそうになりましたもん!
『あ~この感覚!』って。嬉しかったですね。

6
人となればヤバいかもしれない。
泣きながら変身するかもしれないですね。

何か、そんな気がします。」





―――
今日は、嬉しい気持ちと泣きそうになる気持ちと、感情の振り幅が大きかったんですね。




「そうですね。
嬉しさの先に、ホロっとしたり(胸に手を当て)。

また、戻って来て下さった會川(昇)さんの脚本が凄くイイんですよ!
會川さんの『ゴーオンってこういう感じだったよね~』と言う、バカな感じで ちょっとカッコいいけど、ヌケてるところとか。
とても良くキャラクターを分かって下さっているから、ホントにその通りだと思いました。
当時の続きを読んでいるような感じでしたね。」






―――
その脚本をこれから撮影して行く訳ですが、何か期待することはありますか?





「まだ(撮影は)序盤ですけど、『ゴーオンジャー』のヌケてるところを節々で 出せたらと思います。

僕はけっこうふざけてるじゃないですか!? 今回は(台本に)余白も少ないの で・・・
当時はそれ(※台本に無いふざけ過ぎ)で怒られたことは何回もありますけど (苦笑)。
カットとカットの合間に『どうやって自分たちの関係性を入れていこうか!』と 言うことで、言い合いやケンカになったこともあります。

そういうことをやりながら作ってきた『ちょっとマヌケでカッコいいゴーオン ジャー』像なんです。

短い撮影期間の中で、そういうところがチラホラあると良いと思います。」





――――
こんなことを撮影の中でやってみよう!とかはありますか?





「今日の皆んなで登場した所などで、テストからガンガンやっていたことはあり ます。

自分のセリフ後に、美羽ちゃんを指差したら、美羽ちゃんが叩くみたいなとこで すね。
そういったところが面白く映れば良いんですけど・・・ま、僕はそういったキャ ラクターですからね。
何をやっても怒られないというか(笑)。

だからなるべく自由な立ち位置で、皆んなを驚かせたいと思います。

『ゴーオンジャー』は細かいところまで観て欲しいんです。
皆んながいる中でも、こっちとあっちではやる事が違ってたり。

当時もたくさんありましたが、『10 YEARS GRANDPRIX』でも『ゴーオンジャーはゴーオンジャーなんだ!』と言うことが皆さんに伝われば良いと思います。」







上にも横にもビッシリと付箋を貼った台本を片手に、将大クンはこうも言っていた。
「脈々と続く歴史あるスーパー戦隊シリーズに出会えたことは、ラッキーだと思います。」
若手だ若手だ、と思っていた10年前の将大クンは、今ではすっかり体格もガチッとして、細かいところまで目を配れる信頼できる役者となっていた。


(
写真は特写、地下駐車場、最終決戦、ブルーバックシーンから)


『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』公式サイト
https://www.go-onger-10years.com/

シェア