【アマゾンズ】小林太郎も熱く歌う『EAT,KILL ALL』!

©石森プロ・東映
2018/06/01

【アマゾンズ】小林太郎も熱く歌う『EAT,KILL ALL』!

いよいよ公開となった『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』。 ネット配信されて大反響を呼んだ『仮面ライダーアマゾンズ』のSeason1及び Season2の続編で完結編と言える作品だ。

その主題歌も集大成らしく、前2作でも歌った小林太郎クンが歌唱。さらには同じく2作とも作曲したNoB兄が、作曲とともに今度はボーカルとしてデュエットした。
作詩はもちろんマイクスギヤマさんなので、鉄壁の布陣に疑いの余地はない。

春先のとある良く晴れた日のこと。
スーパー戦隊シリーズでは慣れ親しんだスタジオに二人のアーティストは集合し、八木ディレクターと三人でワイワイガヤガヤと楽しそうに打ち合わせている。
アマゾンズの世界観とは裏腹になんだろ?この男臭いほのぼの感は!?

ちなみにこの日はオアシスの花的にコーラス参加した『仮面ライダーGIRLS』のレコーディングはなかった・・・シュン



―――――――――――



まずは小林太郎クンの収録から始まる。
ブース内でマイク前にユラッと立った太郎クンは、指をポケットに引っ掛けながらスックと立っている。
少し前に先行して収録されたNoB兄の声に合わせて歌うのだが・・・
その立ち姿からは想像しないバワフルな歌声が飛び出し・・・記者は唖然と言うのか呆然と言うのか、ただただボーッと聴いていた。

八木ディレクターの隣に座っていたNoB兄も、思わず『カッコいいよぉ~!』と声をかける。
さらに『君の声を想像しながら作ってるからね!』と続ける。
八木ディレクターも『これで馴染んで太郎節になれば!』と満足気だ。

ひとしきり歌い終えてブースから出てきた太郎クンは、再び男臭いワイワイガヤガヤの談笑タイム。
八木ディレクターがパソコンで主題歌のかかるあたりの映像を見せて解説しようとすると、太郎クンは『最初から観たいのにいつも最後から観せられる!映画を 観ながらストーリーを感じたかったなぁ~』と言うので、その場は笑いに包まれた。







―――
たった今主題歌収録が終わりましたが率直なお気持ちはいかがですか?




「いや~・・・(『ふぅ』とため息をつく)
『アマゾンズ』っぽかったなと(笑み)
Season1
の『Armour Zone』とSeason2の『DIE SET DOWN』を歌わせて頂いて、どちらの曲もロックで激しい方向性だと思っていました。
今回はNoBさんとのデュエットと言うことで、よりパワフルなんです。
デュエットだからそれぞれが分かれて歌うのかな?と僕は最初に思ったのですが、歌ってみると・・・絡みに絡み、叫びに叫びでした(笑)。
レコーディングも凄いんですが、もしライブでやることがあるならメチャクチャ熱くなるんだろうなと。」





―――
このNoBさん作曲の歌を初めて聞いたときはいかがでしたか?




「(今回は)Season1Season2の完結編なので、そのポジションにバッチリハマっている素晴らしい曲だと思いました。」




―――
そしてNoBさんは『君の声を想像して作曲したんだよ』と言っていましたが?




「ハハハッ
だから高かったんですね(笑み)

僕の曲の中でも高い曲はあるんですけど・・・この『アマゾンズ』では僕のシャウトが代名詞みたいなところもあるので。
シャウト担当としては好き放題シャウトさせて頂いたので『今年もありがとうご ざいます』と(笑)。




―――NoB
さんもシャウトしながらアドバイスを送ると、ブースの小林さんは 『ワハハッ』と大笑いでしたが?





「(笑)
ボーカルのレコーディングでは『ああしたらいいですか?』『こうしたらいいですか?』とのやり取りはよくするのですが、お互いにシャウトしてやり合うのは あまり無いな、と思って。
ライブではもちろんですが、レコーディングから熱かったですね。」




―――
作詩はもちろんマイクスギヤマさんですが、歌詩で心に響いたところはどこですか?





「曲がSeason1Season2の完結編でバッチリハマっていたのと同じ感想です。
歌詩も以前のシリーズでの言葉が散りばめられた感じですね。
Season1
Season2を含めて、この歌で完結したなとの感覚を覚えました。

中でも『罪と罰の先へ』の歌詩にはグッと来ましたね。
DIE SET DOWN』を思い出しました。
その言葉に触れてあげたことで『DIE SET DOWN』も進化して、そこに未来がある気がして嬉しかったです。
後は『その咆哮(こえ)を嗄らしても』ですね。
こちらは『Armour Zone』で、これまたグッと来ました。」





―――
これは劇場版の主題歌ですが、劇場に小林さんの歌が流れることについてはいかがですか?





「とても嬉しいのですが・・・そもそもNoBさんと絡んで歌えた事が嬉しいんです。
『この熱い楽曲が映画館で鳴り響くんだろうな』って。
大音量で聴ける機会は映画やライブくらいしかないので、全国で流れる事は嬉しいです。
僕も観客の一人として、その中で大音量で聴いてみたいですね。」





―――
もちろんカラオケに入れば歌うんですよね?





「ハハハッ
その時はNoBさんにも来てもらいます(笑)。
二人で楽しみたいと思います!」








NoB
兄とガッツリ絡んで歌った太郎クン。あれだけ激しく熱くシャウトしたのに、コメントの時はすこぶる涼しげな顔であった。
しかしながら話を聞いていると、未だ冷めきらない熱い心の内が言葉の端々で感じられるのであった。
(拙い文章で伝えきれない・・・)

最後に、
「劇場版自体を楽しみにしていますので、早く映画館で観たいです。」
とのこと。

「EAT, KILL ALL」
作詩 : マイクスギヤマ
作曲 : 山田信夫
編曲 : 高橋哲也


この歌は『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判 オリジナルサウンドトラック』(COCX-40334-5)に収録で日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア