秦瑞穂の最新イメージDVDが発売された!

2017/12/26

秦瑞穂の最新イメージDVDが発売された!

現在絶賛放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』では、佐久間小太郎/コグマスカイブルーの母親/佐久間暁美としてゲスト出演した秦瑞穂(はた・みずほ) ちゃん。
これまで何度もスーパー戦隊にゲスト参加している瑞穂ちゃん。
ネオデカイエローへの変身も経験している瑞穂ちゃん。

お母さん役もこなした瑞穂ちゃんの、しっとりスベスベ美肌のイメージDVD ROMAN』が発売されイベントも1119日(日)に都内で開催された。
そのイベントの合間に行われた記者コメントに瑞穂ちゃんは微笑んで登場!





―――DVD
発売は久しぶりですね。




2年半・・・3年ぶりくらいですね(ニコッ)。」




―――
この作品はいつ頃どこで撮影されましたか?




8月頃に、地元の長野県で撮影しました。」




―――
ストーリーなどがあるのでしょうか?




「あまりありません。
でも王道のグラビアイメージDVDになっています。

地元での撮影でしたので、私が普段遊びに行くところだったり馴染みのあるところで撮影しました。

今回は・・・私、バイクにまたがるシーンがあるんです。
あ、免許は持っていないので乗りませんけど(ブンブンと手を振る)。
そこは『編み編み』で黒のワンピース水着です。峰不二子風というか(苦笑)・・・カッコいいバイクにまたがっています。
そのシーンはとてもお気に入りです!

他には温泉のシーンがありますね。
私は普段テレビ朝日さんの『秘湯ロマン』と言う番組で温泉リポーター・・・と言うか『旅人』をやっているんですよ。
自分自身でも温泉は大好きなんです。
だからグラビアイメージの自分のDVDで温泉に入れたのはとても嬉しかったです




―――
いち番セクシーだと思うシーンはどこですか?
(※THN記者の質問ではないぞ。念のため。)



「はぁ・・・セクシー・・・
(ちょっと困り顔)
(そして明るく)さっきの『編み編み』ですかね。吹っ切れたか!?

露出的にはワンピースの水着なんですけど、身体のラインが出ていて『編み編み』がちょっと透けている・・・あまり着たことが無い水着です。
ハイ、挑戦でした(ポッ)。




――
久々のDVDで苦労したところなどはありましたか?




「いや・・・身体が(笑)。
私、おととい誕生日を迎えて28歳になったんです。
だから27歳最後のDVDですね。

前回(のDVD)以来、たまに水着は着ていたのですが、頻繁ではないのでちょっと絞って?みました。

もともとあまり細い身体は好きではなかったんです。
女性らしいラインというか、そういうのが好きでした。

なのでそういう部分を出せるようには頑張りました。」




―――
このタイミングで水着になろうと思ったのには、心境の変化などがあったのでしょうか?




「山岸伸先生(※写真家)と何度かお話ししている中で、『また撮りたい』と仰って頂いたんです。
なのでこれをキッカケにまた撮って頂けたらと思いました。
(今回のDVDはマッハ佐藤さんが撮影・編集、山岸伸さんがジャケット表紙写真を撮影している)」




―――
グラビアは今後も予定があるのでしょうか?




「ハイ!
需要があれば・・・アラサーの(苦笑)。
頑張ります!
(再び笑顔)

え、10年前と変わってない?
それはスッッッゴイ嬉しいです(笑顔こぼれる)

30
歳を過ぎても皆さんに喜んで頂けるような行けたらイイなと思います。」




―――
話は変わってマンガ・ゲームがお好きだということですが、どんな作品を?




「一番好きなマンガは『黒執事』ですね。アニメになったり舞台化もされています。
好きでその舞台も観に行ったりします。
好きなキャラ?
・・・選べないなぁ。
でもセバスチャンと言う執事だったり、アンダーテイカーと言う顔の半分隠れている葬儀屋さんだったり、謎めいたキャラクターが好きですね。

ゲームだと最近『Nintendo Switch
をゲットしたので、『スプラトゥーン』で塗り塗りしています(笑)。」




―――
今日の衣装もドレス風で美しいですね。




「そうなんです(嬉)。
誕生日が1117日でしたので、今日のイベントは『私が主役だ!』(笑)という感じで、普段なかなかみなさんの前に立たない姿にしてみました。
ちょっと気合を入れました。」




―――DVD
タイトルはやはり『秘湯ロマン』をイメージしているんですか?




「アッハッハ!
そうなりますよね。
撮影が終わった後、山岸先生とパッケージの写真を選んだ時に先生が言ったんです。
今回は温泉に入ったり、情緒あふれる場所で撮影したので『ロマンなんていいよね』って。
カタカナだとちょっと固いのでローマ字にしてみました。」




最後にせっかくなのでTHNらしく。

―――
スーパー戦隊シリーズのゲストが多い瑞穂さんですが、今回はとうとうお母さん役となりました。
今、お母さんを演じる気持ちはどんな感じでしたか?




「最初に(スーパー戦隊に)出させて頂いた時は16歳だったんです。
制服を着ての撮影だったのが、10年近く経って・・・母親役と聞いた時は不安もありました。
でも純粋に嬉しかったです

歴史あるスーパー戦隊シリーズの中で、制服を着てレポーターもやって変身もして。
そしてお母さん役!
この中で自分自身も成長して大人になりました。
色んな役をやらせてもらえたのはとても嬉しかったです!」



コスプレが好きだと言う瑞穂ちゃんは、全編コスブレのDVDも出してみたいそうだ。
こう言うと午後のイベント準備のために足取り軽く控室へと戻って行った(ヒラリ~)
まだまだ新作に期待しちゃうね!

シェア