奥山かずさが歌うパトレン3号/明神つかさのキャラソン『じゃがとんのう た』!(キャラソンその6)

©2018 テレビ朝日・東映AG・東映
2019/02/07

奥山かずさが歌うパトレン3号/明神つかさのキャラソン『じゃがとんのう た』!(キャラソンその6)

最終回を目前にして一瞬も目が離せない『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。
大いに活躍する彼らの素顔を垣間見るかのような歌詩となっているキャラクターソングが完成した。
クライマックスに雪崩れ込む前の平和なひと時にレコーディングは行われた。
決意、目標に希望、思い出や日常生活と様々な想いが込められる・・・

―――――――――――――――――――――


良く晴れたその日、パトレン3号/明神つかさのキャラソン『じゃがとんのうた』のレコーディングがあった。
歌うのはもちろんつかさを演じる奥山かずさ(おくやま・かずさ)ちゃんだ。

早々にマイク前でスタンバイしたかずさちゃんは、肩幅に足を広げスックと直立している。
そしていよいよ本番。
真面目な感じでキリッとした立ち姿なのだが・・・『いやしてくれ~』と歌うその姿には一同目尻が下がる。
今日はお馴染み八木ディレクターの他に、宇都宮プロデューサーと番組の劇伴作曲家でありこの歌の作曲をした高木洋(たかき・ひろし)さんも同席している。

そんな一同の中でレコーディングは順調に進んでいった。

八木ディレクターが『スリスリスリスリとかバツグンだったんですけど』と皆同様に目尻を下げて言うと、かずさちゃんは『アハッ❤』と微笑む。
番組キャライメージとは違うけど、これはマジにオッキュー、いやオッケーだ!







―――
たった今この場所このブースの中で収録が終わりましたが、今の率直な気持ちはいかがですか?




「やっぱり難しかったですね(苦笑)。

こういうカタチでは歌ったことが無かったんです。
緊張しました。

難しかったのですが、つかさとしてのキャラソンなので、演技というかつかさになり切るところからのスタートでした。
お芝居みたいなので、何だか楽しかったですね(安堵の笑顔)。」






―――
これまで歌のお仕事をしたことはありますか?




「初めてです。」





―――
では、このレコーディングスタジオというものの雰囲気はいかですか?





「いや~、ホント何と言いますか・・・
プロの方も使っているスタジオで歌うというのは、緊張ですね。
『わたしなんかで良いの?』って(胸に手を当て)。
嬉しさ半分、緊張半分です。」





―――
この歌を初めて聴いた時の印象はいかがでしたか?




「リクエストと言いますか・・・
こんな歌を歌いたいとは思っていました。

みんなはきっとカッコいい歌を歌うんだろうな、と思っていましたし。
(それに)初美花ももともと歌手が本業だったので(※演じる工藤遥さんはアイドル出身なこと)、カッコよく歌い上げると思いました。

なので対比と言うか、私は癒し系で行こうと思ったんです。
そうしていただいたのがこの歌でした。

何となく『こんな歌がいいな』と言っていたら、ドンピシャなものだったのでホント有り難いです。」






―――
この歌は劇伴の高木さん作曲ですが、お気に入りのフレーズはどこですか?





「そうですね。
『闘い疲れること誰にもあるよね』からの『スリスリスリ』と言うところは、メッチャ好きです。

歌詩を見た時には気づかなかったのですが、ここで演技を付けた中でですね。
『スリスリスリ』と歌ったら『もっとスリスリしていいよ』と言われて、ホントに楽しくなってしまったんです(ムッチャ笑顔)。
ここが気に入っています!」





―――
歌っている間は歌詩に合わせて表情も豊かに変わっていて、特に『スリスリは楽しそうだなぁ~』と思っていました。





「そうですか!」




―――
八木ディレクターや高木さんも顔が緩んでいましたね。





「アハハハハッ






―――
この歌を聴いた子供たちには、どんなリアクションを希望しますか?





「こういう感じの歌なので、一緒に歌って欲しいと思います。
憶えてもらって、一緒にスリスリしながら歌って欲しいですね(笑)。」





―――
この歌に触れ合う時の、奥山さんワンポイントアドバイスとしてはいかがですか?





「癒しを求めている時・・・例えば仕事で疲れて帰って来た時、一日中活動して疲れて寝るぞ!と言う時に、癒しミュージックとしてスリスリしてもらえると良いと思います。

そしてカラオケで歌う時は『スリスリ』しながらが絶対です。
鉄板です!」





―――
この歌はその内にライブでのオファーがあるかもしれません。
その時はどのように歌いますか?




「え―――っ・・・
そうなったら、全力で『スリスリ』します(笑)。
それからみんなで一緒にこういう感じで!(※右手を高く上げて身体とともに左右に振る)
サイリウムでこんな感じですね。」





―――
『じゃがとん』が来たとなると、他のキャラの歌も欲しくなりませんか?




「いや、しますね!
『しますね』(笑)と言うのもアレですけど・・・
とにかくコレを歌って楽しかったし。
『ふわパンのうた』も欲しいですね。実は『ふわパン』の方が劇中にはたくさん出て来ているんです。
現物もあるので『ふわパン』の方が馴染みがあるかもしれません。

あと、ずっと思っていることがあります。
実は初美花と歌いたいんですね。

どぅー(※工藤さん)とは結構カラオケに行くことがあります。
一緒に歌うともう楽しくて!
そんな時に『二人で歌う曲があると良いよね』なんて話をします。
だから二人の歌も出したいです!」





―――
今後またスーパー戦隊ソングに関わる機会があったら、どんな歌を歌ってみたいですか?





「自分が好きで聴くのは・・・
『ガンダム』とか『マクロス』のオープニングのような歌だったりします。

だから(バトルソングのような)熱い感じの歌がいいですね。
熱い歌を歌ってみたいです!」







プライベートではパン好きのかずさちゃん。
そうなるとやはりキャラクターでもパンは外せないようだ。
いろいろひっくるめると『熱いパンのうた』だが、舌をヤケドしそうだな。って、失礼しました・・・
でもスリスリスリスリを歌うかずさちゃんの本当に楽しそうだったこと!


『じゃがとんのうた』
作詩/マイクスギヤマ
作曲/高木 洋
編曲/高木 洋(Project.R)
歌/明神つかさ(奥山かずさ)


この歌は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーVSキャラクターソングアルバム』(COCX-40604)や『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー VSコンプリートソングコレクション』(COCX-40674→5)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア