濱 正悟が歌うルパンブルー/宵町透真のキャラソン『誓い』!(キャラソンその3)

©2018 テレビ朝日・東映AG・東映
2019/01/09

濱 正悟が歌うルパンブルー/宵町透真のキャラソン『誓い』!(キャラソンその3)

最終回を目前にして一瞬も目が離せない『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。
大いに活躍する彼らの素顔を垣間見るかのような歌詩となっているキャラクターソングが完成した。
クライマックスに雪崩れ込む前の平和なひと時にレコーディングは行われた。
決意、目標に希望、思い出や日常生活と様々な想いが込められる・・・

―――――――――――――――――――――

本日は快晴、空はスカイブルー。

スタジオも地下では無くいつもの空に近い方だ。

スタジオには作詩・作曲・編曲のProject.R谷本貴義氏が早々にスタンバイしている。

マイク前に立ち、テストをする濱正悟(はま・しょうご)クンが臨むのは、その役ルパンブルー/宵町透真のキャラソン『誓い』だ。

両手を腰に当て時折腰も振っているようにも見える。サビに入ると右手でリズムもとり始める。

谷本氏が『チャッカチャッカと後ろで鳴ってる音に・・・』『8分音符のちょっと後ろに・・・』などとアドバイスするが、正悟クンは『ムツカシイですね』と苦笑。

素人THN記者もそう思う。

しかし正悟クン。飲み込みが早いのか、すぐにリズムに乗ってくる。

本番になると、八木ディレクターからは『恥ずかしいかもしれないけれど、カッコ付ける感じで!』『周りにいる人の顔を思い浮かべて、誰かに聴かせる感じで!』と発言するが上手くいくのか?

それでも正悟クンと言えば、お腹で手を組んで息を整えると、右手でリズムをとったりとノリノリな前向き姿勢へ。

難易度高いと思うんだけどなぁ~






――――
今正にこのブースで収録が終わりましたが、終わったこの瞬間の率直な気持ちはいかがですか?

「空中浮遊してます(笑)・・・

楽しかったですよ。

楽しかったけど、部屋(レコーディングブース)の中が暑かったこともあり今は熱が凄いですね。」
写真は正に収録直後だけに、火照った感じも生きているぞ。)




―――
これまで歌のレコーディングの経験は・・・




「初めてです。」




―――
自分の歌がCDになると聞いた時はいかがでしたか?




「メチャクチャ照れ臭いです。

でも歌うからには聴いて欲しいですね。

カラオケに入ったら『皆さん歌って下さい!』と言う感じです。

今回はキャラソンっぽくない歌でもあり、また歌の中で透真の世界観を表現してくれたことは、とても嬉しかったです。」




―――
今日は歌を作ったProject.Rの谷本貴義さんが同席しています。

そこでのレコーディングはいかがでしたか?



「歌うときは、その前に谷本さんが歌って下さるではないですか。

・・・ホント芸能人の方に会う感覚ですね。そこが『当たり前感』になっているところが凄くて。

こうやって質問されて改めて思いますが『これって凄い場所なんだ!』と環境に感謝です。

英雄祭が楽しみですね・・・いや~ちょっと・・・(タメ息)

(アーティストの方々と)どう接していいか分からないし。」



―――
それはライブで歌う気マンマンと言うことですね?



「イヤイヤイヤ、(それは)全然無いです!(慌)

武道館ですからね、一生立つことなんて無いと思ってましたから。

(もし歌う事になったら)神聖な場所なので、それに恥じないように頑張りたいと思います。

透真かつ半分濱正悟だし。

Gロッソのようにステージに立つと、基本的にどっち(透真or正悟)に振るか迷うんですよね。

レギュラーメンバーの中でも戦いです。

役になると一言しか言えないから、濱正悟の方が楽です(笑)。」




―――
今日はディレクターから『誰かに聴かせる感じで!』とのアドバイスもありましたが、Gロッソとか思い浮かびましたか?




「『テレ朝夏祭り』以来、ナマで人前に立ったところですからね。

とは言え、あれ(Gロッソ)をレコーディングで想像してと言われてもかなり難しかったですけど(苦笑)。

でも意識して・・・ま、一番は楽しんで(歌うこと)ですよね。

時間が経ち出来上がってみんなの手元に届いて聴いてもらう事を想像してとにかく頑張りました。」




―――
今回の歌でどこかお気に入りの歌詩やメロディーはありますか?




「う~ん、全部カッコいいと思うのですが・・・

最初のフレーズ『忘れはしないあの日の誓い』で『誓い』って言うタイトルが出ているので、それだけ『ルパンレンジャー』の中で『誓い』と言うのは重い物だと思います。

テーマと言うか、ルパンレンジャーのジャズっぽいミュージックを自分の曲に入れて下さった事は嬉しかったですね。

落ち着いた低めの曲でも、後半に向けてテンションが上げてやっていくのは、とても楽しかったです。」



――――
この曲をファンが歌うときの濱さんワンポイントアドバイスはどうなるでしょう?



「自分で楽しむなら、カッコ付けて下さい。

でもあまり(声を)低くし過ぎると、みんなノドを壊すと思うので気を付けた方がいいと思います。

みんなで歌う時は・・・他の曲の方がいいかもしれませんね(笑)。」




――――
今後もスーパー戦隊ソングに関わる機会があるとしたら、どんな歌を歌ってみたいですか?




「いや~もう・・・え!?

でもこういったジャズのようなテイストで、そんなにテンポの早くないモノは一番好きな曲なんです。

ハイ、とにかくこの曲は好きです。」



最後に正悟クンからも質問が。

「どうなんですかね?

ファイナルライブツアーとかで歌うんですかね?」


(記者)「可能性大ですよ」

「ホントですか!?

うん・・・コワイんですけど。」

(記者)「でもやっぱり歌ってみたいですよね。」

「う~ん、まぁ。ナマですからね。

舞台とかだとセリフなどはたくさんありますが、これは・・・

セリフっちゃセリフですか。

自分は透真として歌ってましたけど・・・とりあえず、然るべきタイミングが来たら、それはそれで頑張ります。」




初めてのレコーディングをとても楽しんでいるように見えた正悟クン。
みんなも是非この歌に挑戦して欲しいぞ。
想いっきりカッコつけて!


『誓い』
作詩・作曲/谷本貴義
編曲/谷本貴義(Project.R)
歌/宵町透真(濱 正悟)


この歌は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーVSキャラク
ターソングアルバム』(COCX-40604)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア