【ゴーオン10】及川奈央が『炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その8)

©東映
2018/11/09

【ゴーオン10】及川奈央が『炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その8)

近年恒例になったかのような、スーパー戦隊での10周年企画。
今回は'082/17'092/8放送『炎神戦隊ゴーオンジャー』から、Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』だ。

すでにソフトは発売中なので、多くの皆さんはもうご覧のことであろう。
ここでは撮影期間中に聞いた、久しぶりのゴーオンジャー参加への喜びを語ったフレッシュな時点での言葉をご紹介しよう。
作品観賞後だとその内容が分かりやすいので、このタイミングでの紹介となった
次第。

忙しいキャスト故に取材は数日をまたいだので、コメント収録順のご紹介ね。


――――――――――――――
コメント取材の最後となったのは、害水大臣ケガレシアを演じる及川奈央(おいかわ・なお)さん。
撮影も最終日となるその日であった。セット内のブルーバック前で平台に立つケガレシア。奈央さんも久しぶりに『特撮』らしい撮影で嬉しそうだ。
カメラを覗き込むように笑顔を見せる奈央さんだが、画面では大写しで調整しているのか、心なしか松村文雄カメラマンの表情も和らいで見える。
その後にはゴーオンジャー6人が、メットオンシーンのために並びで撮影。10年の時の流れを感じさせずに6人は『メットオン』の掛け声と共にバシッとポーズが決まる。
カッコイイ~ッ
そしてせっかくの並びなので、早輝とケガイエローも加えての記念撮影。(スペシャル版同梱ブックレット63ページに掲載されてます)
その後にケガイエローのメットオンシーン。『難しいですね~、慣れないもんで』と言いながら両腕を上げる奈央さんや『メットオンでおじゃる!』と言った後のハニかんだ表情が、何とも言えない。
お姉さんだから『キレイ』なんだろうけど、やっぱ『カワイイ』だな。
そして8人揃ってオールアップ。
お疲れ様でした!








―――
今日で撮影はクランクアップでしたが、いかがでしたか?





「あっという間でしたね。
最終日に皆んな揃ってセットで終われると言うことで・・・
皆んなを見たくて、早めに準備してセットに入ったんです。

(当時を)思い出してました。
10
年前も最後はこうしてセット(撮影)だったんです。
古原(靖久/ゴーオンレッド・江角走輔役)クンが言っていたように、またある気がしてしまいますね。
『あったらいいな❤』って願っちゃいます。」






――――
先ほどのクランクアップ時には、涙また涙のご挨拶でした。





「あ~、そうですね(照)
(渡辺勝也)監督や松村(文雄カメラマン)さんたちのお顔を見ていたら涙がこみ上げました。
家族のように微笑んで立ってる姿を見たら、一気に・・・

それまでは『楽しかった~、楽しかった~』で笑顔で終われそうだったんですけど。」





―――
昨晩や今朝など『今日でお終いだ!』と言うことで、思うことはありましたか?





「(お終いと言うより)私の撮影は全部で5日間でしたが、毎日ワンシーン・ワンカットを噛み締めながらでした。
絶対に悔いのないように『今ここにいられる幸せ』を感じながら、現場に居させてもらいました。

でも『明日で最後だ!』とは、昨日改めて思いましたね(遠い目の微笑み)。
クランクインした時は『ここからカウントダウンが始まっちゃう』と言う寂しさがありました。
だけどもちろん『まだこの(ケガレシア)姿になれる。まだなれる。』と思って。
今日はケガレシアの衣裳では無くなる時に、やはりこみ上げるものがありましたね。

10
年前はケガレシアの衣裳に『またね!』(※ポンボンする仕草)って、言ったんですけど、今日もそうでした。」





――――
とは言え、今日はケガイエローのスーツ姿もありしたけど。






「皆んなに笑われるんですけど(※笑いながら崩れる)・・・

『真面目にやって下さい』とか言われて、私は『やってます!』と。
それから『奈央さん、鏡見ました?この格好。』に『見たよ!』と返しましたが『チョ~面白いですよ!』って!(さらに笑)




―――
ケガイエロー姿の感触はいかがでしたか?




「いやもう、恥ずかしかったです。
くすぐったかったですね。
ケガレシアの衣裳の方が落ち着きますよ。

メットオンとか『皆んなタイヘンなんだなぁ』って思いました。」

(数時間前に終わったばかりなので)まだ頭に感触が残ってます。」





―――
ヒーロー側を演じていかがでしたか?




「(最初に)台本を読んだ時に『わ、まさか!』って思いました。
ホントに嬉しかったですね。

ケガレシア姿では、ほとんど何でもやらせてもらっていたので・・・
巨大化もしたし、アイドルになって歌も出させてもらったりと、色々やらせてもらいましたが『まだやってないことがあったんだな!』と思いました。
まさかイエローななるとはね・・・」





――――
今回一番楽しみだったのは何ですか?





「三大臣が集まってワチャワチャやってるシーンがありますが、そこが一番落ち着きましたね。
当時は『ルネッサ~ンス!』と言っって乾杯をしていたのですが、今回の現場でも三人で『ルネッサ~ンス!』はしてました。

日下(秀昭/ヨゴシュタイン役)さんと清家(利一/キタネイダス役)さんのお二人と(当時と同じく)三人揃ったのが一番楽しかったですね。
やっぱりこの三人だ!って。」




―――
及川さんにとって、この『10YEARS GRANDPRIX』はどんな作品になりましたか?





「・・・宝物ですね!

最初の頃、ゴーオンジャーのメンバーで集まってご飯を食べた時やゴーオンジャーのグループLINEでは、皆んなが『やりたいね!』と言ってたんです。
その後、ゴーオンジャーの年長組3人・・・片岡(信和/ゴーオンブルー・香坂連役)クンと徳山(秀典/ゴーオンゴールド・須塔大翔役)さんと私とで東映さんにお邪魔しました。
私たちのやりたい想いを、私が企画書?のようなもの(※皆んながやりたい事を箇条書きにしたとの事)にして会議室にお邪魔したんですね。
そしてお伝えしたら、(スタッフの)皆さんはお忙しい中で考えて下さったんです。
日笠(淳プロデューサー)さんと和佐野(健一プロデューサー)さんと郷田(龍一/プロデューサー補)さんの当時やって下さった三人の方が、今は部署も変わられてる中で集まって下さったのが本当に大きかったですね。

何か夢みたいでした。」





―――
ではまた10年後ですね?




「(『またね!』って)言っちゃっただけですよ(笑)。
どうなんですかね?
まだ(20 YEARS AFTERを)やったスーパー戦隊はありませんよね?

でもあの衣裳になれるかなぁ?

今回はホントにそうだったんですよ。10年前と私のサイズは・・・って。
どうにかなって良かったですけど(笑)。

(今回の企画が)実現するかよりかは、衣裳が心配でした(もっと笑)。

もし『20 YEARS AFTER』が実現したら❤❤歳となりますが、また『おじゃる』と言えたらイイと思います。」



ゴーオンジャー10周年の企画を無事に撮り終えた奈央さんは、とても晴れやかな表情でお話をしてくれた。
その笑顔なら絶対に『20 YEARS AFTER』へと繋がるに違いない!と一人妄想する記者であった。
(この連載はお終い)

(写真は特写、廃工場ロケ、廃工場でのオフショット3点、ケガレシアとケガイエローのセット撮影から)




『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』公式サイト
https://www.go-onger-10years.com/

シェア