【ゴーオン10】杉本有美が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その2)

©東映
2018/10/23

【ゴーオン10】杉本有美が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その2)

近年恒例になったかのような、スーパー戦隊での10周年企画。

今回は'082/17'092/8放送『炎神戦隊ゴーオンジャー』から、Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』だ。

すでにソフトは発売中なので、多くの皆さんはもうご覧のことであろう。

ここでは撮影期間中に聞いた、久しぶりのゴーオンジャー参加への喜びを語ったフレッシュな時点での言葉をご紹介しよう。

作品観賞後だとその内容が分かりやすいので、このタイミングでの紹介となった次第。

忙しいキャスト故に取材は数日をまたいだので、コメント収録順のご紹介ね。

――――――――――――――

続いてはゴーオンシルバー/須塔美羽役の杉本有美(すぎもと・ゆみ)ちゃん。

この日は美羽のクランクインとなる日。

建物裏で、メットオフするゴーオンメンズ4人に、美羽が『もう!人前でゴーオンジャーになるなんて!』と叱るシーンの撮影。

美羽とメンズ4人の撮影に対し、渡辺勝也監督の的確な指示のもとクルクルとカメラ位置は変わるのだが、松村文雄カメラマンとスタッフは即座に反応。クランクイン間もないのに、その連携は10年前の如くバツグンだ。

久しぶりに手にするゴーオンシルバーのメットに、有美ちゃんの表情はキリッとしながらもキラキラとしているように見える。

(日陰なのに何だか後光でも差してる感じと言うか・・・)

この日の撮影を終えて一言聞いた。

今日はまだ陽が高い。

―――今日は美羽のクランクインでしたが、率直な感想はいかがですか?

「昨日は眠れなかったですね。

『早く寝なきゃ!』とは思ったのですが、なかなか眠れなくて。

でも今日のセリフは一つだけだったんです。

なので良かったんですけど(苦笑)。

『美羽ってどういうキャラだったかな?』と、(当時の映像を)観直したんです。

やはり、若さ故の声の高さがありましたね。

だから大人っぼくなり過ぎないように、それを出そうと努力しました。」

―――『ゴーオンジャー』のメンバーと会ったのはいつ頃ですか?

「昨年(※17年)ぐらいから集まれるメンバーでご飯を食べに行ったり、頻繁にするようになりました。

お祓いの日は、その後で徳山(秀典/須塔大翔・ゴーオンゴールド)さんとエビちゃん(海老澤健次/石原軍平・ゴーオンブラック)と、お昼から三人で飲みに行きました(笑)。」

―――メンバーと久々に会っての印象はいかがでしたか?

「みんなお酒を飲めるようになったことですね。

私は(当時)19歳だったので、お酒の場にあまりいなかったんです。

(逢沢)りなちゃん(楼山早輝・ゴーオンイエロー)や碓井(将大/城範人・ゴーオングリーン)クンが、そこに自然といてお酒を飲んでいるのが不思議でした。

それは衣裳合わせの後でご飯に行った時の事ですけど。

後は・・・みんな顔とかは変わらないですね。」

―――衣裳合わせでは当時のスーツに袖を通した訳ですよね?

「通せましたよ、なんとか(笑)。

誰が大丈夫で、誰がそうでないか?と話していたんですが・・・私とアニは完璧でした!

でも碓井クンは当時年齢が若かったのですが、大きく男らしくなったので(スーツアクターの)竹内さん用だそうです。」

―――スーツ姿になった感想はいかがでしたか?

「これで一年間を過ごしたんだな、と色々思い出しましたね。

今日はちょっと寒かったので『あ、こんなに寒かったっけ?』と思いました。

全身覆われていても、手先はとても寒くなるんです。みんなも震えながらやつまてましたけど。」

―――お互いのスーツ姿を見ての感想はいかがでしたか?

「『戻って来たな』と言う感じがしました。

そこにいるのが『自然』でいられましたね。

昨日まで一緒だった感じです。

1番変わってないのは、古原クンでした(笑)。(本人は)『出来るかな?キャラクターが活かせるかな?』と少し心配していましたが。」

―――撮影が進むと皆で変身と言うシーンがあると思います。

そこでの期待や心配はありますか?

「え~・・・

心配はあります。

『カッコ良く出来るかな』って。

でもみんなで変身すると、一体感があり画面にも迫力が出るので、期待しています。楽しみです。」

―――その時はどんな気持ちになると思いますか?

「そうですね・・・嬉しいと思います。

スタッフさんにも当時の方がいらっしゃるんですよね。

メンバーともいろいろ話したのですが『10年って色々あったよね』って。

『お互い色んなことがあったけど、こうして集まれるのはホントに幸せなことだよね』とも話していました。」

―――今回の作品で1番期待することは何ですか?

「私たちが(『ゴーオンジャー』を)やっていた時は携帯電話。

この10年で、ほぼスマホになりました。

時代とともに変わったこともあるので、こういう物があったと、今の子供たちに知って欲しいと思います。

撮影では変身が1番楽しみです。

あとアフレコもあると言うことなので、チョット不安ですけどそれも思い出しながらですね。

みんなでいられる時間を大切にしたいです。」

―――今回の『ゴーオンジャー』は同録(音声同時録音)ですが、その感覚はいかがですか?

「まず(当時は)マイクを付ける作業が無かったんです。

『何処にマイクを仕掛けるの?』と言う話しから始まり・・・

声の大きさとかあまり気にしなかったんです。でも声を録るとなると、意識はします。

(当時は)自分のお芝居に声を当てやすいようにしていたんです。

だけどそういう作業は無くなり、自然と現場でやれました。」

―――今回『これをやりたい!やってみよう!』と言う事はありますか?

「(徳山さんと)話していたのですが、大翔と美羽の仲の良さを表すのに台本にない事もやろうと相談しました。書かれていない事もやってみたいです。」

大きな瞳でまっすぐに記者を見てお話してくれた有美ちゃん。

10年経ってその落ち着いた物腰としっとり感には、とても惹かれるモノがあった。

素敵な美羽の映像を是非とも繰り返し観て欲しいぞ。

『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YRARS GRANDPRIX』公式サイト

https://www.go-onger-10years.com/

(写真は上半身特写のほか、場末のビル裏、セット内での合成シーンから)

(本文で『(逢沢)』の『逢』は、正しくはしんにょうの点が一つ)

シェア