【ゴーオン10】古原靖久が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その4)

©東映
2018/10/23

【ゴーオン10】古原靖久が『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』撮 影中の、その日に感じたこと!(ゴーオン10その4)

近年恒例になったかのような、スーパー戦隊での10周年企画。
今回は'082/17'092/8放送『炎神戦隊ゴーオンジャー』から、Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』だ。

すでにソフトは発売中なので、多くの皆さんはもうご覧のことであろう。
ここでは撮影期間中に聞いた、久しぶりのゴーオンジャー参加への喜びを語ったフレッシュな時点での言葉をご紹介しよう。
作品観賞後だとその内容が分かりやすいので、このタイミングでの紹介となった次第。

忙しいキャスト故に取材は数日をまたいだので、コメント収録順のご紹介ね。


――――――――――――――


お次はゴーオンレッド/江角走輔役の古原靖久(ふるはら・やすひさ)さん。

この日は走輔のクランクインの日でもあった。
午前中は場末のビルの裏手でメットオフをするも、美羽に叱られるシーン。叱られているだけで、走輔はそのシーンが画(え)になるな。何故だろう?

その後は場所を移しての地下駐車場。特別警察隊隊員に変装してチームを潜り込もうとするのだが・・・アフロヘアーのヘンチクリンな格好は当然すぐバレて、走輔らしさはマッハ全開。
特製メダルを投げるシーンは、なかなか苦労していたようだ。メダルは言っても聞かないもんね。それを撮る松村文雄カメラマンも粘って、何度もカメラを上下させている。

それらを終えると変身シーンへ。
久しぶりのゴーフォンをマジマジと見る走輔が、何だかちょっぴり可愛らしい。
しかし『レッツゴーオン!』がガッチリ決まり、10年の歳月を感じさせない。






―――
今日の初日を終えた感想は率直にいかがでしたか?




「何か全然10年ぶりと言う感じがしないですね。
割とスッと入れたと言うか。
まるでチョットだけ撮影期間が空いていた感じしかありません。

何故かと言うと、僕がやっていた走輔が『俺様は何も変わらないぜ!』のセリフにもあるように、全く変わらない状態で出て来ることにもあります。
そして渡辺(勝也)監督に松村(文雄)カメラマン、そしてお馴染みのこのメンバーとは、パイロット(※1.2話)と全く一緒なんです。顔馴染みのスタッフさんもいますし。

新しいスーツアクターの方は『ゴーオンジャー』のテイストを守ろうと勉強して来て下さっています。

ホント10年ぶりという感覚は、ぜんっっっっぜん無いです。
皆んなから言われる言葉も『お前全然変わらないな!』ですから(笑)。

10
年って結構人を老けさせるイメージなんですけど、皆んなも変わらないんですよ。
ビックリしました!」





―――
今回は本当に10年ぶりの再会だったんですか?




「いや、チョクチョクご飯を食べたりの『ゴーオンジャー会』はしていました。
結構連絡は取っていたんです。
『久しぶり!』と言うよりかは『休み明け!』って感じです(笑)。」





―――
イチ番会っていなかったメンバーはいますか?




「う~ん・・・誰だろう?
りな?いや会ってるな・・・

逆にイチ番会ってるのは(ケガレシア役の及川)奈央さんです。舞台なども一緒にやってますし。

だから皆んな割と会ってます。
10
年振りに会ったのは、1人もいません(笑顔)。

むしろ松村さんなどの技術さんがそんな感じです。」





―――
ゴーオンスーツに袖を通した感覚はいかがですか?




「ゴーオンスーツは何かキツかったですね。
座高が伸びたのかな?
チョット伸びをしたら、肩にかかるベルトがキャストオフ(※『仮面ライダーカブト/’06』で装甲が弾け飛ぶこと。)しそうでしたから(笑)。

それとも僕自体が一回りデカくなったのかな?
でも(ゴーオンブルー/香坂)連も(ゴーオングリーン/城)範人も当時のスーツアクターさんのですよ。
あ、エビちゃん(※海老澤健次/ゴーオンブラック・石原軍平役)だけは、体型を維持してそのままです。

筋肉質になった人もいるんでしょうが、僕なんかは色々な所を旅して美味しい物を食べ過ぎたので太ったんでしょうね(苦笑)。

でも自覚としては、太ったと言うよりも一回りデカくなった感じです。」





―――
今日がクランクインと言うことで、昨日の晩は何か思いましたか?





「僕はココが出発地点だったりしますので、ココに対して『よ~っし!』と言うより『チョット休みが空いての久しぶり』なんですね。
連クンも言っていたように、変身ポーズなどは全然練習しなくても出来てしまうんです。エンディングのダンスすら踊れます。

ホント僕の中では『ゴーオンジャー』が10年経った、と言うよりも『最終回から数週間』位のイメージなんです。

もちろん台本を読んでセリフを憶えたりはするのですが、『意気込み』よりかは『久々にやるぞ!』(※と伸びをする)な感じですね。

改めて『10年振りだ!』ではありませんでした。
それが良いことが悪いことが分からないけど、時の流れを感じませんね。
『あの時』にスッと戻れる感じでした。

だから前日に眠れない、とかは全くありませんでしたね。
当時も『また明日早いのか~(グッタリ)』だったのですが、そんなのと同じ感じです。

でも遅刻は本当に怖いです!
最近の仕事と(集合時間が)ほぼほぼ変わらなかったのが良かったのかもしれません。
朝はチョット強くなったのかな?とは思いますが。

ただ僕の中では演技自体がとても久しぶりなので、それは『古原靖久』としての緊張がありました。
『走輔』としては心配はありませんでしたけど。

あの時の『走輔』はホントに根付いてるんでしょうね。
僕は(他番組の)中継などで、自分では気づかないのに、録画を見るとたまに『マッハで食べます!』とか言ってるんです。
後で僕のSNSに『今日はマッハって言ってたね』とかあったりして。

『~だぜ!』とか普通に使っちゃうんです(笑)。
自分でも『走輔がいる』と思いますね。

(劇中で)美羽に『あなたは少し変わりなさい!』と言われますが、あれは美羽のセリフなのか皆んなの意見なのか・・・どっちなんだろう?

スタッフさんが台本を通して自分に言ってるのかも!?





―――
この先、皆んなで並んでの変身がありますが、その時に自分は何を考えると予想しますか?





10年振りで感動・・・って、思わないな~
僕の中では、ずっと『ゴーオンジャー』が終わった感覚が無いんです。
当時から『我等轟音永久不滅』って、僕は使ってたんですけど、それはいつかまた会える気がしてたんですね。
いつかどこかでやるんじゃないかな?とは少し思ってました。
『ゴーオンジャー』が終わって『スカイシアター』(※Gロッソの前身のアトラクションショー屋外舞台と言えば分かりやすいかも)が終わった時からそう思っていました。
だから『スカイシアター』が終わった時に、僕は泣けませんでしたから。

僕からすると、もともとやると決まってたことをしている感じです。
ずっとやりたかったんです。

やると決まって嬉しかったんです。
嬉しかったのですが、実は僕の中では想像の範囲でした。
10
年前から、いつか集まってまたヒーローをやると思ってましたね。

だから『すっっっげー、嬉しいっっっ』ってことでも無いです(笑)。

でももちろんものすご~く嬉しいんですよ!」





―――
すると『20 YEARS AFTER』に繋がるんでしょうか?





「みんなの気持ち的には、やれるのではないですか?
役者を続けていれば、やりたいと言うと思います!
と、勝手に思ってます。
なんなら僕は10年前から勝手に思ってましたから(大笑)。

あ、デカレッドはズルくないですか?(不敵笑)
10 YEARS AFTER』の後に『スペース・スクワッド』があり、『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』にも映画とかで食い込みそうではないですか?

『(烈車戦隊)トッキュウジャー』とか『(宇宙戦隊)キュウレンジャー』を観ていて思ったのは、俺は(『ゴーオンジャー』に登場でゴーオンレッドが操縦する『強大な列車の王』のロボの)キョウレツオーを持ってるんだから『トッキュウジャー』に出られたんじゃないかな?
『キュウレンジャー』では、ラッキーとラッキー対決(※走輔は過去に『奇跡の江角』と呼ばれていた。『ゴーオンジャー』GP-08『最高ノキセキ』参照。)が出来たんじゃないかな?
と、出るタイミングがたくさんあったと思います。

だからこの作品は俺からすると、むしろ遅すぎるくらいです。
何で呼ばれないの!と言うのは、チョットあったかな?
それは『ゴーカイジャー』の(35話『次元のムコウ』と36話『相棒カイゾク』の)2話連続が出すぎだったのかな?と思ったりもしています。(苦笑)」







この『10 YEARS GRANDPRIX』は完全に予想していて、驚きではない!と語る靖久さん。
最後に『僕たちは次元を超える設定だから、何処へでも行けると思いませんか?』と、『どんな作品でも出たい』とばかりに身を乗り出して熱く語っている姿が印象的だった。
『あ!走輔だ!』
子供のように目をキラキラ輝かせて熱く語る姿は、まさに走輔であった。
そんな走輔なところは『少しも変わらなくていい』だろう。なんてね。


『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YRARS GRANDPRIX』公式サイト
https://www.go-onger-10years.com/


(
写真は上半身特写2種のほかに、場末のビル裏、地下駐車場でのヘンチクリンな変装から)

シェア