吉窪司が歌う『警察ガッタイム!パトカイザー』!

©2018 テレビ朝日・東映AG・東映
2018/04/25

吉窪司が歌う『警察ガッタイム!パトカイザー』!

順調に多くのファンの心を掴んでいる『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』!
パトチームが乗るロボ『パトカイザー』の活躍を大いに盛り立てる新曲『警察ガッタイム!パトカイザー』が劇中に流れていることには、みなさんもうお気づきだろう。

歌うのはProject.R新メンバーとなる吉窪司(よしくぼ・つかさ)兄だ。この新曲がレコーディングされたのは年明けの快晴の日。
吉田達彦兄が歌う『快盗ガッタイム!ルパンカイザー』に続いての同日収録だ。

吉窪兄がレコーディングしている姿で印象的なのは、両腕を大きく広げて気持ち良さそうに熱唱しているところ。
まるでライブステージを見るかのようで、落ち着きと安定感がビシビシと感じられたのだ。
終了後に早速コメントを聞いてみた。





―――
収録が終わった今この瞬間の気持ちはいかがですか?




「爽快感と満足感と、解放された安心感です(むっちゃ笑顔)。
重圧が凄かったんですよ(汗)。

ガンガン声を出して歌ったのですが、終わって『ハ~ッ(深いため息)』と。
やっと終わったと思うと、今一気に眠気が来ました(笑)。」




―――
歌いきった感じですね。




「そうですね。
もっともっと『あ~しようかな?』というところもありましたが、今は満足です。」




―――
この曲は藤林聖子さん作詩で高木洋さん作曲ですが、特に心に残ったところはどこですか?




「音で言うと、サビの『出動パトカイザー』あたりですが・・・
歌っていて一番気持ち良いのは『叫べ!パトカイザー!』ですね。

歌詩だと『ぶれない判断』です。
僕自身が小さい頃から『自分の意思は貫きなさい』と言われていたんですよ。
だから若干通ずる部分をそこに感じました。幼い頃から刷り込まれて来た、僕の志です(照)。

もちろんこの言葉に載ったメロディーもお気に入りです。」





―――
この歌がカラオケに収録されたとしたら、ファンにとってどうすれば上手く歌えると思いますか?




「なるほど~
そんなことが言える立場になっただなんて!(照笑)

そうですね・・・メチャメチャ頑張って出さなければならない高い音はありません。
単発で出す音としては、多くの人が出せる音域だとは思います。
でもBメロからサビにかけて平均して高いんですね。そんな高い音が頻出するので、1番から頑張って歌い過ぎると、最後は(声が)枯れると思います(笑)。

上手い具合にセーブしないと、最後まで歌い切れないのではないかと。
僕もさっきは1番で頑張ったら、2番で『オッ!?』と言うとところがありましたから(苦笑)。」




―――
今後はライブステージで歌う時の注意点でもありますね。




「ハハッ
僕も気をつけないと!」




―――
ライブステージで歌うことへの期待感や不安はありますか?




「あります、あります。
もしこの歌をスーパー戦隊の大きなイベントで披露することがあれば、今日以上のプレッシャーがあると思います。
この後家に帰ってからも歌い込もうと思います。
声が枯れても良い位に刷り込んでおきたいですね!」




―――
吉窪さんはこれがProject.Rデビューですよね。




「ハイ!
ありがとうございます。

事務所の先輩である五條(真由美)さんがいるProject.R
去年スーパー戦隊のイベントを観に行ったんですね。
そこでいろいろな方がスーパー戦隊の歌を歌うのをナマで観たんです。最近は縁遠かったスーパー戦隊ですが。
そうしたら、会場全体の『オオオ~!』って盛り上がりが凄くて・・・でも聴いていてスッキリしたんです。
そして帰ってからすぐにスーパー戦隊大好きな友達に『CD貸して!』って電話しました(笑)。」




―――
最近は縁遠いスーパー戦隊だったそうですが、子供の頃の思い出にはありますか?




「あります!
『(百獣戦隊)ガオレンジャー/'01)』を憶えています。
ガオレンジャーの印象が強いですね。」





―――
こうしてProject.Rの一員になった訳ですが、実感などはありますか?





「まだ実感はしきれていません。
ホントに凄い方がたくさんいるグループですよね。
その一員になれた・・・と言うことは、今までの練習では全然足りないと思います。
現段階でただでさえ差のある先輩方なので、早く追いつけるように一層自分の歌を磨いていきたいと思います。」





―――Project.R
のニューフェイスと言うことで、改めて自己紹介をお願いします。





「吉窪司(よしくぼ・つかさ)と申します。
改めて自己紹介と言われると・・・照れますね。

歌が大好きで、音楽が大好きで、楽器を弾くのも吹くのも大好きです。
今回Project.Rに参加させて頂けると言うことで『頑張ります!』としか言えません。

皆さんに少しでも熱い気持ちや楽しい気持ちを届けられるような歌い手になって行けたらと思います。




―――
歌やお芝居の勉強をされていたとも聞きましたが。





「僕はアニメが好きなので、もともと声優に憧れていたんです。
それで声優になろうと思って、専門学校の『代々木アニメーション学院』に入るために上京したのが5年前です。
そこで2年間声優についてとか、歌や演技に関して勉強しました。
その過程で僕の最も尊敬する人類・・・(司クン、緊張しなくて良いよ)
いやいや(汗)、人物のボン・ジョヴィに出会ってしまったんです。
ボン・ジョヴィに出会った瞬間から世界が変わって・・・『歌だ!これからは歌
だ!』となり、卒業してから更に2年間は歌ばかりやっていました。
その後とある機会に2.5次元舞台のオーディションを受けさせて頂いたんですね。
そこでメインでは無いけですけど、舞台に立たせて頂いたんです。
そうしたら楽しくて楽しくて!
歌とは違う高揚感がありました。

なので、今は歌も演技も声優も全部やりたい気持ちでいっぱいです。
表現すること全てがやりたいのですけど・・・あ、でもやっぱり『歌』ですかね(苦笑)。」




―――
今後は『ルパパト』で挿入歌を歌う機会があるかもしれません。
そうしたらどんな歌を歌ってみたいですか?




「えっ!?
どうしよう・・・

ガンガン歌える熱い曲ですかね。
やっぱり僕はボン・ジョヴィが好きなので。
叫べる曲がいいです。
とにかく叫びたい人間なんです!

バラードもいいのですが、ロックバラードのようであって最後には『あいつ叫んでるぞ!』と思われたりなんかして(笑)。」







ニコニコと楽しそうにお話してくれた吉窪兄。
爽やか笑顔のお兄さんキャラが満載だったのだが、話を聞いてみると『叫びたい』と熱く語る一面が!
最後には『一箇所でも叫ぶ事が出来る歌が良いんです』と言っていた。


『警察ガッタイム!パトカイザー』
作詩/藤林聖子
作曲/高木洋
編曲/高木洋(Project.R)
歌/吉窪司(Project.R)


この歌は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーミニアルバム警察戦隊パトレンジャーイチゲキアルバム』(品番COCX-40358)に収録で、日本コロムビアから425日に発売!

シェア