吉田達彦が歌う『ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ』!

©2018 テレビ朝日・東映AG・東映
2018/04/02

吉田達彦が歌う『ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ』!

順調な滑り出しを見せた、シリーズ第42作目となる今年のスーバー戦隊『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。

テレビシリーズとしてタイトルも斬新だが、そこで流れる主題歌も斬新なのは既にお聴きの皆さんはご存知のことだろう。

これは快盗サイドと警察サイドの二つのテーマ曲が対決するかのように重なっているからだ。二曲が火花を散らし、最後に『ルパンレンジャー』と『パトレンジャー』の言葉が心に響くのはお見事!

ここではそれぞれのテーマ曲レコーディングでのコメントをご紹介しよう。

―――――――――

快盗サイドの『ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ』を歌うのは吉田達彦(よしだ・たつひこ)兄!

今年初めてProject.Rに参加する期待の新鋭だ。

レコーディングが行われたのは昨年暮れの快晴の日のこと。スーバー戦隊御用達のスタジオだが、声出しに入るとドットアール初参戦の達彦兄は少々緊張気味か?

同席の劇伴担当/高木洋さんは『歌わせられているみたい』と微笑み、エンジニアも『ニヤッと楽に!』と笑って声がけをする。

本番になると八木ディレクターは『守りに入ってるよ!もう守るものは無いんだから大丈夫!基本は楽しくね!』と、分かるような分からないようなアドバイスをする。

(でも何か伝わったみたい)

そしてキャラの性格を説明しながらディレクションをして『ルパンレンジャーがカッコよく聴こえるかどうかが(番組の)人気に関わってくるからね。』と続ける。

他にも時折『予告する感じで!(高木)』『不敵に笑って!(エンジニア)』とかかる声に、当の本人は『(上手く応えられずに)情けないですね~』と苦笑い。

でも聴いている記者には、堂々たるスーバー戦隊ソングにしか聴こえないのだから、プロスタッフの耳は鋭いものなんだと感心しきり。

それでも凄いメンバーがドットアール入りしたもんだ。

終了後にロビーで一言聞いたのだが、THNコメントも初だからこれも緊張なのか!?

お気楽記者だから安心してね。

―――収録が終わった直後の今の率直なお気持ちはいかがですか?

「こういうカタチでのレコーディングは初めてなんです。

デビューがこの曲になります。

自分の声が作品となってテレビで流れることになるのは感慨深いですね。しかもスーパー戦隊シリーズの主題歌だなんて!

『自分は今それを歌っているんだ!』と強く感じながらのレコーディングでした。」

―――特に『スーバー戦隊』の歌であることへの想いなどはありますか?

「やはり自分も子供の頃にスーバー戦隊シリーズを観ていました。

勇気だったり希望などをもらってヒーローに憧れていました。

それを今度は自分が子供たちに歌で伝える番だと思いますので、しっかりと努めて行きたいと思います!」

―――吉田さんは快盗サイドのテーマ曲担当ですが、この歌を初めて聴いた時のご感想はいかがでしたか?

「ブラスが印象的でした。

もともと僕は『シカゴ』などのの60年代洋楽が好きなんです。そして『BST』などのイメージも頭をよぎりました。

古さと新しさを混ぜた画期的な曲だと思いましたね。

そしてこの曲のイメージを壊さないように歌わなければ!とも思いました。

また『ルパン』と言うことなので、普段僕が歌っているような歌い方では無く、色気?を出して作品に色を付けてみたくもありました。」

―――ちなみに普段はどんな歌い方でなんですか?

「ハードロックやへヴィ・メタルです。

アニソンや特ソンもカバーしてますけど(笑)。」

―――そうして歌ったこの曲は思い通りに行きましたか?

「ディレクターの指示と自分の歌詩に対する思い入れのすり合わせに手こずったしたところはありました(苦笑)。

でも今の自分の最大限の力は出せたと思います!」

―――この歌はヒーローソングでも大活躍の藤林聖子さん作詩ですが、心に残ったところはどこですか?

「自分たちの宝物を未知の生命体から奪い返すと言うのが、もともとのお話なんですね。

だから『華麗に舞』って『奪い返す』のはカッコいいと思いました。

『ルパン』と言うのは『快盗』だけど正義感溢れるところに、自分にはグッと来ました。

サビがカッコ良くて好きです!」

―――今日は作曲の高木洋さんが同席していましたが、作曲した先生の前で歌うのはどんな気持ちでしたか?

「とても緊張しました(背筋呼ばして固)。

全てを見られている感じだったんです。もちろんそうなんですが・・・

それでもいかに緊張せずに納得行く歌を歌えるかが課題でしたね。

でもやっぱり緊張しました。」

―――今後はライブで歌う機会もあると思いますが、自信のほどはいかがですか?

「あります!

ノンストップで一曲歌い切る自信はあります!

でもそれまでに歌詩の深いところや、アドバイスを頂いたところをしっかりと自分の中に入れておきたいと思います。」

―――ファンの方がカラオケで歌う時の、吉田さん的ワンポイントアドバイスなどあれば教えてください。

「作品としてもこれまでのモノとはかなり違うと思います。

『快盗』が正義のヒーローですので。

その色気?やパワーを出して歌うといいのでは?と思います。」

スーバー戦隊デビューとなる本作の主題歌レコーディングを全力で終えた達彦兄。

今後の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の歌にも、

「しっかりと努めて行きたいと思います!」

と力強く結んでいた。

スーパ戦隊歌手として、新たなスタートとなった吉田達彦兄の大活躍を予告する!


『ルパンレンジャー、ダイヤルを回せ』
作詩/藤林聖子
作曲/高木洋
編曲/高木洋(Project.R)
歌/吉田達彦(Project.R)


この歌は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 主題歌』(品番/COCC-17428)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア