【スペース・スクワッド】菊地美香も歌う『ガールズ セイ ハレルヤ!』(五人 娘その3)

©東映
2017/07/21

【スペース・スクワッド】菊地美香も歌う『ガールズ セイ ハレルヤ!』(五人 娘その3)

東映ヒーローが新たなる展開を見せた『スペース・スクワッド』。
1弾として『ギャバンVSデカレンジャー』と共に公開されたのが『ガールズ・ イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』だ。

この『ガールズ・イン・トラブル』のエンディングテーマ『ガールズ セイ ハレルヤ!』は、本作で活躍するキュートなヒロイン 5人で結成された新ユニット 『ガールズ・スクワッド』である。

ここでは(五人娘その2)に続いて、別スタジオで行われたレコーディングでのコメントをご紹介。
この日のトップバッターは『特捜戦隊デカレンジャー』からデカピンク/ウメコを演じた菊地美香さんだ!
・・・んーっと、『キュートな五人娘』なので『美香ちゃん』で行ってみるとするかな。

快晴のこの日、エンジニアが回線を作っている間中、美香ちゃんは脚をパタパタさせながら姿勢良く座っていた。
そんな美香ちゃんに対して、いつもの八木ディレクターは『はっちゃけちゃって大丈夫です。』
それに対して『あと2歳分くらい?(笑)』と美香ちゃん。

そうこうしているうちに準備も整ったので収録スタート。

歌うことには手慣れた感じの美香ちゃんだし、気心知れたスタッフたちに囲まれレコーディングも良い雰囲気だ。
収録が進んで八木ディレクターの、『ちょっと切なくなると嬉しい。』
に対して
『(美香)やってみます!』
とのやり取りは分かるが・・・
そのうち美香ちゃんは、
『未来の科学で捜査』と言い始めたのだが、元気な笑顔でとりあえず上手く終了させたようだった。





―――
たった今レコーディングを終えたところでの率直な感想はいかがですか?




「楽しかったです(笑顔)。」




―――
東映ヒーロー作品で歌のレコーディングは久しぶりですよね?




「私は最後が『(超忍者隊)イナズマ!(06)』かと思います。

(※東映ビデオのオリジナル作品。エンディングテーマの『Thank you!』を女性キャスト3人で歌唱。翌年の『超忍者隊イナズマSPARK‼』でのエンディングテーマは『~2007ジュンVer.~』として菊地美香ソロバージョン。)

ヒーロー作品はその時以来ですね。
10
年?
そんなに経ちますか!?
そのような感じは全くありませんでした。」




―――
この歌の歌詩は、作品以外に役者さんの・・・




「そう!
『レ・ミゼラブル』とか!

歌詩を見たときに『まあ!すごい!』と思いました。
こんなにみんなを・・・キャラクターだけではなく盛り込んでいるなんてすごいと思いました。
『宇宙刑事』チームの『ブレスレットを外したら』『データによりますと・・・』とか『スパッと蒸着』『1,000分の1秒で』なんて、どうしてこんなにピッタリ収まってるんだろう?って。
すぐに塚田(プロデューサー)さんに『この詩を書いたのはどなたですか?』と聞きました。
そうしたら『藤林(聖子)さんだよ』って教えてもらい納得しました。」




―――
作曲は『デカレンジャー』にも馴染み深いYOFFYさんです。




「そうなんですよ。それも(この間まで)知らなくて。
先日YOFFYさんと連絡を取った時に『レコーディングよろしく〜』って言われて『えっ!?何の話?』となりました。そうしたらこの歌だと。」




―――
それを聞いた時の感想はいかがでしたか?



「あ、ラクチンだな(笑)と。

そう言うとアレですけど、気持ち的にはとても安心できると思いました。
今日も知ってるスタッフばかりでしたので、落ち着けて楽しかったです。

『らく』も『たのしい』も同じ文字ですよね!
『らく』と言うと聞こえは良くないですが、気持ちが『らく』になって『たのし』めました。」




―――
『デカレンジャー』はまだまだ継続していますが。




「信じられませんよね。
髪を切る前に知りたかった!
なーんて、ハハハハ」





―――
『デカ』と言う作品はともかく、また『デカ』がらみの歌のオファーがあったらどうしますか?




「歌います!もちろん。
歌は歌いましょう

なかなか役者が歌う機会ってないんですよ。
舞台だと時々ありますが、映像だと少ないですね。
そういう意味でもいい機会です。」




―――
それではスーパー戦隊の歌でオファーがあったらどんな歌を歌ってみたいですか?




「スーパー戦隊の女性歌手として、Sistar MAYOさんなどの方々がいらっしゃるではないですか!?
あそこを超えることは無理だと思っています。
私にとって『憧れ』であり『絶対』なものなんです。

男の子たちにも『串田さんならコレ!』とか『高取さんならコレ!』とかあるではないですか。
『(ささき)いさおさんにはこんなヒーロー!』みたいなイメージが。

だから、どんな歌を歌いたいか?と言われてもなかなかすぐには・・・
浮かばないのが正直なところです。」




―――
今この瞬間に限っての気持ちだけでいいんですけど。



「え、え―――っ!
・・・Sistar MAYOさんみたいな可愛いエンディングテーマを歌えたらいいな、と10年前などは思っていましたが、どうなんですかね。
堀江(美都子)さんとか大先輩もいらっしゃいますし・・・
じゃそこを継ぐ人を目指して!」




―――
言霊になるかもしれませんしね。




「そうなんですよね。
東映さんは言っていると『叶う』という(ジンクスが)。
だから、
『来年は私が歌います。ビシッ。』(笑)」





レコーディングも取材も、終始楽しそうだった美香ちゃん。
『スペース・スクワッド』の撮影も楽しかったようなので、この作品はマルッといい思い出になるに違いない。
そして次作以降でテーマ曲の歌唱希望も聞いたので、(言霊)実現に期待しよう!
それはともかくウメコの活躍を発売中『スペース・スクワッドギャバンVSデカレンジャー』のDVD&BDで、さらなるウメコと『ガールズセイハレルヤ!』は8月9日リリース『ガールズ・イン・トラブルスペース・スクワッド EPISODE ZERO』のDVDで改めて観てみよう!

『ガールズ セイ ハレルヤ!』
作詩 : 藤林聖子
作曲 : YOFFY
編曲 : YOFFY(Project.R)
歌 : ガールズ・スクワッド
(ジャスミン/木下あゆ美、
 ウメコ/ 菊地美香、
 シェリー/森田涼花、
 シシー/桃瀬美咲、
 タミー/川本まゆ)



この歌は『スペース・スクワッドギャバンVSデカレンジャー&東映ヒーロー
SONG COLLECTION
』(COCX-39971)に収録で日本コロムビアから絶賛発売中!

シェア