【キョウリュウブレイブ】鎌田章吾がガブリと日本語で歌う『獣電戦隊キョウ リュウジャーブレイブ』!

©東映
2017/06/19

【キョウリュウブレイブ】鎌田章吾がガブリと日本語で歌う『獣電戦隊キョウ リュウジャーブレイブ』!

現在絶賛配信中の『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』!
そうオール韓国語がオリジナルだが、日本のファンも見やすいように吹き替え版もあるのだ。
その主題歌を歌うのはProject.Rの鎌田章吾兄となれば、相当ガブリンチョなイメージであることは間違いなし!
だって日本オリジナルの『獣電戦隊キョウリュウジャー』主題歌も歌っているアーティストなのだから。

よく晴れたこの日、スタジオにはカマショーこと鎌田兄はもちろん、作詩の井上望さんも顔を見せている。

収録が始まると、カマショーはライブ中の如く身体全体を使って暴れるように歌いノリノリだ。
さらに八木ディレクターは『もっと楽しくてしょうがない感じで!』とアドバイスをすると、カマショーも笑顔でマイクに向かい身体で応える。
八木ディレクターもご機嫌になり『だいぶ楽しくなってきたじゃん!最近いいことあった?』と聞いている。
あんまり楽しく歌っていると『そこは切ない感じもね!』と言われてしまうのであった。あぁカマショー。






―――
オリジナルの『キョウリュウジャー』主題歌を歌った鎌田さんは、韓国版『キョウリュウジャー』主題歌を歌うと決まった時にどう思いましたか?




「メチャクチャ嬉しかったです。
まさか『キョウリュウジャー』の新曲を歌うことになるとは思っていませんでしたので(満面の笑顔)。

ですよね!?
誰もが思わなかったのではないでしょうか。
10
年後くらいに同窓会的に挿入歌を歌うとかはわかるんですけど。
こういうカタチで主題歌とは・・・ビックリですね。」




―――
歌い終わった瞬間の気持ちではどうですか?




「最近とても仲がいいんですけど・・・一緒にライブもやったばかりの大西洋平さん作曲での『キョウリュウジャー』の新曲で、個人的には初めてディレクションしてもらう八木さんの・・・」




―――
えっ!ドットアールに名を連ねていて八木さんは初めて何ですか!?




「そうなんですよ。これまで全然ありませんでした。
『ヒーローゲッター2016』も大石(憲一郎)さんだったし。
(そして)八木さんディレクションだったので色々なプレッシャーがありました(笑)。

でも曲は早くに出来上がっていたので、かなり練習をして来ました。
声のコンディションもしっかり整えてこれたし。
(と言うのも)先日のライブで無茶をし過ぎたので、『今日は大丈夫かな~?』と思っていたんです。
思った以上にイイ状態で臨めました。」





―――
最後は八木ディレクターから『切なく』というディレクションがありましたが。




「僕的にも切ない感じは出したかったんです。
たから嬉しかったですね。

スーパー戦隊の曲って元気な曲が多いので、なかなか『切なく』ならないんです。
『切ない』自分の歌を聴いていただく機会ってないので・・・
新たな自分を聴いてもらえて嬉しかったです。

VAMOLA!キョウリュウジャー』のレコーディングから四年以上経っています。自分の中では歌を磨いて来たので、それを出せたのでは?と思い満足です。
VAMOLA』より易しい曲なんですけど、よりメロディーとしての歌を出せたと思います。」




―――
この曲で気に入っているところはありますか?




「やっぱりその『切ない』部分ですね。
『勇気の翼傷ついても』とか。
ここはかなり自分の中で『切ない』影響を受けたアニソンを思い出しながら歌えました。

そんな気持ちを『キョウリュウジャー』に反映できたかと思います。」





――――
今後のスーパー戦隊シリーズでは、とんな楽曲を歌っていきたいですか?




「そうですね。
今回『切ない』部分を出せたので・・・その『切ない』ものもまた歌いたいですけど・・・

最近ライブで自分のオリジナル曲をやるんですが、それは『切ない』ものが多いんです。
アコースティックだからということもありますが、メロディー自体はちょっと古いモノが好きなんです。

なのでスーパー戦隊の方では『ザ・スーパー戦隊』という方が歌いたいと最近は思っています。
前は趣味のメロディーをスーパー戦隊で歌いたいとも思いましたが。
そして・・・また主題歌を歌いたいです(笑)!」




『キョウリュウジャー』が終了して四年。そろそろ主題歌歌唱欲求が出てきたというカマショー。
言霊では無いけど、言い続けることは大事かも!?


『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』
作詩:井上望
作曲:大西洋平
編曲:中畑丈治
歌:鎌田章吾


この歌は『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ主題歌&BGM集』(COCX-39972)に収録で、日本コロムビアから絶賛発売中!


シェア