松原剛志が「宇宙戦隊キュウレンジャー」のエンディングテーマ『キュータマダ ンシング!』を歌う!

(C)2017 テレビ朝日・東映AG・東映
2017/03/10

松原剛志が「宇宙戦隊キュウレンジャー」のエンディングテーマ『キュータマダ ンシング!』を歌う!

放送開始後イキナリ人気キュウ上昇の『宇宙戦隊キュウレンジャー』!
そのエンディングテーマ『キュータマダンシング!』を松原剛志兄がノリノリで 歌っている。
松原兄と言えば『海賊戦隊ゴーカイジャー』でオープニングテーマを豪快に歌っていたあの爽やか王子様だ。

『キュータマダンシング!』の収録が行われたのは年明けすぐのこと。快晴のこの日、スタジオには松原兄のほか作詩の井上望さん、編曲の川瀬智さん、番組選 曲の宮葉勝行さんなども集まっている。

ブースでは軽く拳を握ってリズムをとる松原兄。
八木ディレクターが『上から目線で行きましょう。』と言ってしばらく歌声を聴 いていると『キチッと歌っているので、何か色づけしてみましょう』とアドバイ スをする。エンジニアは『何か人生の技を!』と難しく思えることで続く。
だがニヤリとした松原兄が改めて歌うと『(八木)面白かったのでいただきま す! うん、面白かった。』と満足気だ。

そしてレコーディングが進むにつれて松原兄は力みが出てきたのか、『(八木) 強すぎるのでもっと楽な感じで。カッコいい方のエセ外人を入れてみようか?』 との言葉をもらう。
松原兄は合間にピョンピョンと飛び、肩の力を抜いてから演じ方を変えてみたよ うだ。
すると八木ディレクターは『絶妙にヤボったい感じが嬉しいね!』と再び満足し た笑顔を見せた。





―――たった今、このブースの中で『キュータマダンシング!』のレコーディングが終わりました。
終わっての率直なお気持ちはいかがですか?



「そうですね・・・初めて歌うタイプの曲でした。
ダンスミュージックのファンクというジャンルですね。
面白い音楽と歌詩の世界でした。きっと子供達に喜ばれる曲になると思います。
とにかく今歌い終わったのでホッとした感じですかねぇ。えぇ、ホッとしました (笑)」



―――キュウレンジャーのビジュアルはもうご覧になってますよね?
いかがですか?



「 『5人揃ってゴレンジャー』から『9人揃ってキュウレンジャー』への進化は 語呂的にも面白いですよね。
Project.Rは『レンジャー』の音楽を担うユニットですが、先ほど関係者の方から伺ったところ、
Project.R結成年以来『○○レンジャー』と“レンジャー”がつくスーパー戦隊は初めてらしいんです。
その記念すべき『レンジャー』のテーマソングを歌えたのはとても嬉しく思います。」




―――今日のレコーディングではディレクターから色々と細かいオファーがありましたが、それに対するご自分の反応は満足いくものでしたか?



「僕の歌の個性は、これまで割とタイトでピシッとしたものだったんです。
『ジュウオウザワールド』の歌などはそうですね。
今回はどこか『コミックソングにしたい。』というオーダーがありました。
そこで、歌の中でお芝居ができる人ということでご指名いただけたようなんです。
だからピシッと歌うことよりも、一行一行を遊ぶということを心掛けました。」




―――アドバイスに『人生の技』なんて言葉もありましたね。



「歌詩がぶっ飛んでいるので、歌い方はキメ狂ってとか、セクシーにという真逆なニュアンスがあってもいいのか?と思ってそういう色をつけました。

あとは『♪ キューキュータマ タマタマキューキュー』と言うフレーズが何十回 も出て来るので、
毎回同じではなくその瞬間に感じたグルーヴを出したつもりです。
もうすぐ歌手生活が二十年になるんですが、今回デビュー当時からお世話になっているエンジニアさんだったのでいいところを見せたかったですね。」



―――この歌で特に印象に残った箇所はありますか?



「・・・そうですね。
とにかく『タマ』にかけてひたすら韻を踏んで来るのがスゴいなと(笑)。
子供たちはとにかく刷り込まれて歌ってくれるのでは、と思いました。
うん・・・『タマ』って何回言ってるんだ?とファンの方は思うでしょうね。多 分回数を数えてくれる方がいると思います(笑)。」



―――今日は作詩の井上望先生がいらしてますけど、先生がご覧になっているとこ ろで『タマタマ』を連発して歌うのはいかがでしたか?



「(ブースの外を指差し)僕の歌詩ではないですし、僕はいたって真摯に歌った までです(照笑)。

ただ先生が、この歌詩を書かれたイメージと違ってエレガントで綺麗な方だったので驚きました。
先生も、この『キュータマダンシング!』の歌い手(=松原兄)のハートを撃ち抜く一人になっていたかもしれません!(笑)」



―――この歌を全国の子供たちが一年間歌うと思うと、どう感じますか?




「もちろん子供たちには楽しんで歌ってもらいたいです。
けどお友だちやお父さんなどと悪ふざけをしたりしても、お母さんに怒られない ように個人の責任で楽しんで下さい(笑)。」




―――この歌をカラオケで歌う時のポイントは何ですか?




「自分が最高にカッコいい宇宙一の歌手だと思って下さい。
自分に酔いながら歌うのがいいと思います。
このぶっ飛んだ歌詩を、自分に陶酔しながら歌い切るのがいいですね。」






映像のダンスのように、楽しそうに歌っていた松原兄。心なしかいつものコメン トより笑顔も多く感じた。
それもそうだが井上望先生がお綺麗なのも事実。
なんたって80年代にアイドル歌手として活躍したこともあるからね。
後でお話を聞いてみようっと!


               『キュータマダンシング!』
              作詩 : ショウ・ロンポー/井上望
                作曲 : 平沢敦士
              編曲 : 川瀬智(Project.R)
              歌 : 松原剛志(Project.R)



この歌は3月15日(水)に日本コロムビアから発売の『宇宙戦隊キュウレン ジャー』主題歌CDに収録!
さらに初回限定盤だけには、ホシ★ミナトの歌う『ラッキー ミラクル パラダイス』も収録される。

⚫︎初回限定盤COCC-17272
(ポップアップジャケット仕様)
⚫︎通常盤COCC-17271

これらのCDには9つの店舗限定で購入特典があるぞ。
それぞれの店舗で色違いの『星座はやみ表』だ!
詳しくはこちらの『インフォメーション/特典情報』で↓

http://columbia.jp/kyuranger/

シェア