【アマゾンズ】朝日奈寛が駆除班/前原淳を演じた頃を久しぶりに語った!(駆 除班その6)

(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映
2017/02/14

【アマゾンズ】朝日奈寛が駆除班/前原淳を演じた頃を久しぶりに語った!(駆 除班その6)

『仮面ライダーアマゾンズ』劇中では、序盤に駆除班の同僚・大滝竜介ことトン
ボアマゾンに食われて命を落としてしまった前原淳を演じた朝日奈寛クン。

その後に『仮面ライダーアマゾンシグマ』に変身するようになったのだが、昨年
11月22日に行われた『仮面ライダーアマゾンズ スペシャルイベント Open Your
A to M AMAZONS』では駆除班のメンバーとして出演していた。

壮絶な最後を迎えた後に生命無き身体で蘇ったキャラを演じたのだが、イベント
は素顔の朝日奈クンなので、もちろん明るく振舞う姿が印象的であった。

そんな素顔の朝日奈クンに、駆除班の取材日に話を聞いた。
隣にはメガネを外している田邊さんが。
(取材は2016年7月下旬)





―――今日は『駆除班の取材』で銀座の東映に来ていますが、取材だと思った時に
昨晩や今朝は何を感じましかか?



「まず、また『駆除班』として集まれるのが嬉しかったですね。
最初に馬場(良馬=大滝竜介/トンボアマゾン役)さんと同じタイミングで、
『駆除班』の撮影を外れてしまったので寂しかったので。
だからこそ、こうして『駆除班』として集まれることがとても嬉しかったんです。」




―――では久々にメンバーと会った感じですか?




「そうですね・・・
でも、田邊さんとは渋谷の駅で会いましたね。」

(田邊)「そう。一回、バッタリ会ったね(笑)。
僕は仕事に行くところだったんですが、彼は学校に行くところでした。
ものスゴい『学校行くモード』だったよね!」

「(笑)
大学へ行く途中でたまたま会いました。
そこで少しお話させていただいたりしました。

後は(志藤真を演じた)俊藤さんと(三崎一也を演じた)勝也さんは昨日もお会
いしましたし、望(を演じた宮原華音)に関しては僕の知り合いと同じ大学なの
で、共通の友達から結構話を聞きます。
唯一(久しぶりなのは)マモル(を演じた小林亮太)くらいですかね。

皆と連絡は取り合っているので、結構接点はあります。
だから、久々って感覚はありませんでした。」




―――全話が配信された今、改めてご自分の役を解説するとどうなりますか?




「観ていただいた方には分かると思いますが、あまり(勝也演じる)三崎さんみ
たいに明るく話すタイプではありません。
どちらかと言うと(田邊演じる)福さん(=福田耕太)と同じような系統なんで。
なおかつ一人でチェスとかやっているような地味なキャラです(笑顏)。
その中でも時おり見せる表情やセリフなど・・・そこは思い返すと、本当は熱い
男だと思います。」




―――その『地味だけど熱いキャラ』と言うのは、ご自分と比べるといかがですか?




「僕も、大学の中で第一線に立ってふざけるタイプではありません。
ま、ちょっと一歩引いて笑っているような感じなんですね(静笑)。

(田邊)「(フッフッフッ・・・)」

「だから『地味』というところは合ってる感じですね。」




―――となると、役作りでは苦労は無かった感じでなんですね。




「ハイ。
『頭がイイ役』と言うところ以外は苦労しませんでした。
全然僕は頭が良くないので。」

(田邊)「ハッハッハッ・・・」←編注: 田邊さんっ!

「生物が得意と(設定には)書いてありましたけど。
あとは最初は出来なかったチェスの勉強もしましたね。」




―――それはキャラを引き寄せる努力をして頑張っていたことだと。



「そうですかね(苦笑)。」




―――田邊さんにもお聞きしましたが、撮影現場の匂い=雰囲気はいかがでしたか?



「そうですね。
撮影中は同じく泥臭くやっていましたが、カットがかかると皆でふざけていた感
じです。
居心地はとても良かったです。

僕が感じたのは、部活で表すのも何ですけど・・・
サッカーの強豪校みたいな雰囲気だと思います。
やるときはシッカリやって、オフの時にはふざける感じです。」




―――そうするとリアルな匂いも部活で感じるようなものでしたか?




「そうですね。
後は『熱さ』もありました。
感情的な意味で。
そういう意味で部室にいるような感覚になることはありました。」




―――ちなみに華音さんは『居酒屋』と言ってました。




(二人)「(揃って大爆笑)」

(田邊)「確かだね(笑)。」
(朝日奈)「それを言われると・・・(笑)。」



―――シーズン2が決まっていますけど?



「僕が復活するようなことがあればぜひぜひ!
でも『駆除班』としての復活は間違いなく無いですね。

僕がクローンか何かで作られていて『まだいたんかい!』のような展開だと嬉
しいですね。
あとスピンオフとか。」




―――そこで演じるなら『駆除班』と『アマゾン』のどちらがいいですか?




「駆除班です!」(即答)

(田邊)「ホントか?」

「ホントです。これはホントです。
いや、だって僕が出てない(「駆除班』)を観るのは寂しかったですもん!
『い~な~』と思って。

会うたびに(田邊さんが)『仮面ライダーなんて違うわ~」ってスゴくイジって
きたんですよ(悔)。
今度は『駆除班』の方と一緒にいたいです!」



ゆっくり丁寧にお話してくれた朝日奈クン。
その笑顔は『地味だけど熱い前原淳』のイメージと重なった。


熱い男を演じた朝日奈クンがガッツリステージで微笑む姿は、3月8日発売のこち
らのDVDで。
http://www.toei-video.co.jp/BD/amazons.html#spevent

『駆除班』として壮絶な最後を遂げた後、意外な姿となり現れた前原淳は絶賛発
売中のこちらで。
http://www.toei-video.co.jp/BD/amazons.html
シェア