【アマゾンズ】田邊和也が駆除班/福田耕太を演じた頃を久しぶりに語った! (駆除班その5)

(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映
2017/02/14

【アマゾンズ】田邊和也が駆除班/福田耕太を演じた頃を久しぶりに語った! (駆除班その5)

昨年11月22日に行われた『仮面ライダーアマゾンズ スペシャルイベント Open
Your A to M AMAZONS』で、駆除班メンバーの福田耕太を楽しそうに演じていた
田邊和也さん。

劇中でシリアスにライフルを構える姿とは、どこかイメージが違う。
そんな田邊さんが、素顔でお話してくれたお話を紹介しよう。
そして隣でかしこまって座っているのは、前原淳役の朝日奈寛クンだ。
(取材は2016年7月下旬)




―――今日は『アマゾンズ』の撮影ではなく『駆除班の取材』ということで、ここ
銀座の東映に来ています。
取材だと思って、昨晩寝るときや今朝起きた時に感じることはありましたか?



「現場で一番同じ時間を過ごしたのは、やはり『駆除班』です。
撮影終わりで一緒に食事へ行ったりもする仲でした。
そういうメンバーだけで取材というのは、それは嬉しいですね(笑顔)。
それで昨日の夜は・・・」




―――遠足前の子どものように?



「(笑)
オヤツを買うところまではいきませんでしたけど・・・ウキウキしていましたね。」



―――配信を始め多くの方が番組を観終えていますが、今ここで改めてご自分の役
どころを解説してください。



「解説か・・・(目をつぶりしばし長考)。

自分の時間とかリズムがあります。
そしてこだわりがあって・・・面倒クサいヤツなんじゃないですかね。
そういうキャラクターでも一緒にチームとしていられるというのもあり・・・
福田は優しくて脆いヤツなんですけど天邪鬼というか・・・素直ではなく・・・
やっぱり面倒クサいですね(笑)。」




―――ひと言で『福田=面倒クサいヤツ』だと。




「実際、(石田)監督とも呑みの場で『一番面倒クサいヤツは誰か?』という話
になりました。」

(アハハハと前原淳クン)「言ってましたね! ハハ・・・」

「もう即答で『田邊!』って言ってましたから。
(隣を見て)即答だったよね?」

(前原)「そうですね。即答でした(笑)。」

「石田監督が『一番面倒クサいヤツ? 田邊だ!』って即答ですよ。
それが『僕』なのか、『福田』なのかは分かりませんでしたけど(笑)。」




―――役とご自分の性格では、近いところや離れているところはありましたか?



「ありますね。
頑固なところやこだわりがあるところは似てました。
そして福田は本を読むキャラクターなんですけど、僕も普段は本を読みます。
そして福田は社交性が無いとして、僕も家の中にいる時は『福田耕太』に近いと
思います。」



―――それは役作りの上で苦労は無かったということですか?



「いや、それでもありましたね。

まぁとりあえず(福田は)話さないんで。
話す時にだけ話します。
ああいう(『アマゾンズ』のような)アクションドラマだと話す瞬間ってあると
思うんですど、それでも福田は話しません。
何故無口なのか?という理由を掘り下げるのには苦労しました。」




―――話は変わりますが『アマゾンズ』は匂い立つようなドラマでしたけど、駆除
班の現場の匂いはいかがでしたか?



「撮影時の駆除班の匂いですか?
匂いか・・・
監督にもよりますが、撮影中は緊張感もあるので泥臭くやっています。
だから泥臭かったと思います。
キレイな芝居よりかは、魂で演じるようにやっていました。

だから悪く言ってドブネズミみたいな感じですね。
ブルーハーツの歌の歌詞のように『ドブネズミみたいに美しい』ではないですが
(笑)。」




―――なるほど、イメージは『ドブネズミ』だと。それではリアルに感じた雰囲気
はいかがでしたか?



「実際の『駆除班』は和気あいあいです!」

(前原)「そうそう。」

「現場ではキリッとするので、その分、裏で待っている時とかは凄く話していま
した。」




―――シーズン2が決まりましたけど、再びオファーされたらどうしますか?



「ぜひ!やらせていただきます!
『福田耕太』を他の人が演じるなんてことは考えられないですし。」





落ち着いた姿でお話してくれた田邊さん。
メガネを外して見えた眼が、澄んでキラキラしていたのが印象的だった。


そして寡黙な『福田耕太』を演じた『田邊和也』さんがステージ上で微笑んだ。
そんな姿が見られるDVDは、3月8日発売のこちら。
http://www.toei-video.co.jp/BD/amazons.html#spevent

そして劇中で黙って撃ちまくる姿は、絶賛発売中のこちらで。
http://www.toei-video.co.jp/BD/amazons.html
シェア